女性向け動画メディア『C CHANNEL』が、中国最大手の投資ファンドなどから資金調達を実施

ECのミカタ編集部

C Channel株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川亮、以下「C Channel」)は、中国EC関連事業及び動画関連事業等の事業展開を加速させるため、今回新たに資金調達を実施したことを明らかにした。

日本企業への投資としては初

女性向け動画メディア『C CHANNEL』を運営するC Channelは、中国最大手の投資ファンドである君联资本管理股份有限公司(英語社名「Legend Capital Management Co, Ltd.」、本社:中国北京、董事長:朱立南、以下「Legend Capital」)及び株式会社ドリームインキュベータ(本社:日本東京、代表取締役社長:山川隆義、以下「DI」)等から資金調達を実施したことを公表した。

Legend Capitalに関しては、初の日本企業への投資となり、今回は、同Legend Capital傘下の複数ファンド企業からの出資となる。

名だたる投資者たち

君联资本管理股份有限公司(Legend Capital)は、レノボを含むLegendグループ傘下の中国大手投資ファンドだ。現在、約23億USDファンドと190億人民元のファンドを運用中であり、390社以上への投資ポートフォリオと62社の上場実績があり、2017年にはLP業界から中国ベンチャーキャピタル1位に選ばれている。特にインターネット・モバイル・コンテンツ分野および消費財分野に強みを持ち、日系大手企業のLPでの多数の実績を有する。

また、株式会社ドリームインキュベータ(DI)は、戦略コンサルティングやビジネスプロデュース支援サービス等のプロフェッショナル・サービス及び、グループ会社への事業投資、ベンチャー企業への投資を通じて、新たな事業や産業 の創造・成長支援を行う「The Business Producing Company」だ。

中国での展開を強化

今回の資金調達により、C CHANNELは、Legend Capital及びDIのネットワークを活用して、中国EC関連事業及び動画関連事業等の事業展開を加速して行くとしている。

C CHANNELは女性の関心が高いテーマを中心に、短い時間で手軽に視聴できる縦型動画をクリッパー(有名雑誌の人気モデルや人気ブロガー、ネイリスト、人気美容師、インフルエンサーなど)と共に撮影・制作し、日本・世界に向けて発信して来た同社。公式アカウントのファン数はLINE約590万人・Facebook約1,300万人・Instagram約180万人・Twitter約40万人を突破し、日本最大規模の女性向け動画メディアとして市場をリードしている。

そのサイトを運営する同社は、購買力旺盛な消費者を抱える巨大EC市場、中国での施策を一段と強化していくことになる。越境ECはさらに活況を呈しているが、動画、そしてインフルエンサーマーケティングの面で国境を越え、確かな存在感を発揮していくその姿をぜひ注視したい。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。