LINEチケットでチケットの購入・販売を安全に

ECのミカタ編集部

LINE TICKET株式会社(本社:東京都新宿区/代表:舛田 淳)は本日10月10日(水)、次世代の電子チケットサービス「LINEチケット」をオープン。

音楽ライブやコンサート、スポーツなど様々なジャンルのチケットを、LINEから手軽に検索・購入・発券できる電子チケットサービスをスタートさせた。

チケット市場をにぎわせる問題が多発

一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(ACPC)の「ライブ市場調査」によると、近年ライブ市場では、公演数、入場者数、売上数ともに年々増加傾向にある。

市場の盛り上がりとあわせて、チケット流通における不正転売や買い占めといった問題も多発しているため、課題の解決が急務となっている。

100%電子チケットで不正売買や買い占めを防止

LINE TICKET株式会社は、取り扱いチケットを100%電子チケットとすることでそれらの問題を解決し、エンターテインメント業界全体を活性化させていくことを目指し、2017年9月1日に設立した。

購入したチケットは「LINE」で送られてくるので、コンビニエンスストアなど、店舗での購入手続きが不要。当日の入場まで「LINE」ひとつで完結することができる。

取り扱いチケットは100%電子チケットのため、「急用が入ってしまった」「体調が悪くなってしまった」などの理由で行けなくなってしまったライブやイベントのチケットを安全に販売・購入できる「公式リセール機能(二次販売)」も展開。転売問題を防ぐ役割も持つ。

チケット対象も幅広く展開

従来のチケット販売サイトとは異なり、今まで分断されていた「イベント前」「イベント当日」「イベント後」といったそれぞれのタッチポイントを、LINEプラットフォームを活用することで一貫化。

さらにはLINE公式アカウントや「LINE MUSIC」「LINE LIVE」といった各サービスと連携することで新たなエンターテインメント体験を提供していく。

2018年内は、 人気バンドALEXANDROSの2019年アリーナツアーなどの音楽公演や、ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」等の演劇・ミュージカルなど約300公演のチケットを取り揃え、「LINEチケット」でしか購入できない限定チケットや先行チケットも販売する予定だ。

2019年からは、プロ野球「北海道日本ハムファイターズ」やJリーグ「FC東京」などスポーツチケットも順次販売し、今後も段階的に取り扱いチケットを拡充していく予定。

今後、追加を予定している機能

使いやすさを追求し、今後は以下のようなサービスも随時展開していく予定だ。

・LINE MUSICとの連携(2018年11月末~)
・スポーツチケットの取り扱いに伴う機能拡充(2019年2月~)
・LINE公式アカウントとの連携と来場者セグメントによるメッセージ配信(2019年3月)
・サイトの英語対応およびインバウンド購入の対応(2019年内予定)
・座席指定購入(2019年内予定)

ECの真骨頂、電子チケット

LINEを使った電子チケットサービスは、まさに多くのユーザーが望んでいたサービスではないだろうか。

コミュニケーションツールとして欠かせないスマホに搭載されたLINEでなら、チケットを忘れる心配もないし購入も簡単だ。

ECの発達で、顔も名前も知らない相手にチケットを転売することもできる時代だが、EC取引による被害は年々増え続けている。

LINEでの電子チケットなら公的な売買も可能なのはもちろん、気心の知れた友人にも譲りやすく、現代の流れに即したやり方と言える。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録