『メルペイ』が約2ヶ月で登録者数100万人達成

ECのミカタ編集部

株式会社メルペイは、同社が提供するスマホ決済サービス「メルペイ」(以下「メルペイ」)の登録者数※が、2019年2月13日(水)のサービス提供開始から63日後となる、2019年4月17日(水)に100万人を突破したことを公表した。
※:メルペイ「電子マネー」の登録を行ったユーザーの累計

2019年2月13日サービス開始

メルペイは、2019年2月13日(水)に三井住友カード株式会社との事業連携を通じて非接触決済サービス「iD」※1に対応し、「メルペイ」の提供を開始した。

これにより、「メルカリ」アプリを利用のユーザーなら追加ダウンロード不要で、「メルカリ」上での取引を通じて保有している売上金※2を「メルカリ」内での商品購入はもちろん、全国90万か所のiD加盟店で利用することが可能となった。

※1:「iD」は株式会社NTTドコモの商標。
※2:売上金を利用するには、所定の設定又はポイント購入の必要がある。

開始後63日で累計登録者が100万人を突破

その後、2019年3月14日(木)には「コード払い」にも対応し、「iD」加盟店と合わせて全国135万か所の加盟店(順次対応予定)で「メルペイ」を利用することが可能となった。

さらにより多くのユーザーに「メルペイ」を利用してもらう機会を提供すべく、2019年3月29日(金)には「メルペイ」の加盟店で提供している商品・メニューのうち、対象商品をよりお得に購入できるクーポン機能の提供も開始した。

このようにメルペイは、サービスの拡充を通して利便性を高め、利用するユーザーの数を順調に増やして来た。その結果、サービス開始から63日後の2019年4月17日(水)にはついに累計登録者が100万人を突破した。

「新たな決済体験が日常生活の中で急速に広がる」

今回の公表に際してメルペイ代表取締役 青柳直樹氏から次のようなコメントが出されている。

「『メルペイ』の登録者数が100万人を突破したことを嬉しく思います。大規模なキャンペーンを実施していないにもかかわらず、サービス開始から2ヶ月あまりで多くのお客さまにご利用いただいていることに、さらなる普及への確かな手応えを感じています。

お客さまの利用傾向としても、『メルカリ』で不要品を販売して得た売上金を、『メルペイ』を通じてカフェや飲食店で利用したり、コンビニやスーパーでの購入に利用したり、タクシーでの支払いに利用したりと、『メルペイ』での新たな決済体験が日常生活の様々なシーンに急速に広がっていることを実感しています。今後も、多くの方に様々なシーンで利用されるサービスを目指し尽力してまいります」

政府の方針もあり、急速に熱度を増すキャッシュレス市場。ここでもその熱度を証左するようにメルペイの勢いが示された形だ。ただメルペイに関しては、メルカリのアプリを使っていれば追加ダウンロード無しで利用可能で、実際のメルペイ決済利用者との間に数の上で一定の開きがあることも推察できる。

いずれにしろ、こうした新たなキャッシュレス決済は、伝統的な日本の現金主義を変え得ると期待も集まっている。一方で、各種の統計を見ても、まだまだ一般ユーザーへの浸透途上とも言え、キャッシュレス市場の勢力図がどうなるかを含め、今後の動向からは目が離せそうにない。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録