LINEでアプリの課金ユーザーにアプローチ 『DialogOne® for App』の提供が開始される

ECのミカタ編集部

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)は、アプリ事業者向けにLINEを活用した「DialogOne® for App」の提供を開始した。

これによりアプリ事業者は、自社のアプリ利用ユーザーに対して、アプリと関連度の高い潜在顧客の集客から、課金ユーザーへのリテンション施策までを、LINE内において一気通貫で実現することができるようになる。

アプリのユーザー課金をいかに増やすか

「DialogOne® for App」の概要はこうだ。DACが開発・提供している「DialogOne®」は、LINEやFacebook Messengerを活用し、企業が保有する顧客情報とLINEなどのユーザーのアカウント情報他を掛け合わせ、各ユーザーに最適化したメッセージを配信することができるソリューションとなっている。

同アプリは次のようなニーズに対応している。例えばゲームアプリにおいては、無料でサービス提供を行い、一部のユーザーに課金を促すことで収益を得る仕組みが主流となっている。

そのためアプリ事業者にとって、新規ユーザー獲得に加えてアプリインストール済みユーザーのアプリ利用促進とLTV向上が重要となっており、ユーザーの「エンゲージメント」「リエンゲージメント」を高めるためのCRMを実施し、いかに課金利用者を増やすか、1人あたりの課金売上額増加につなげるかといった施策へのニーズだ。

LINEを通してアプリユーザーにアプローチ

「DialogOne® for App」の概要

配信イメージ

今回提供を開始する「DialogOne® for App」の導入により、アプリ事業者は、アクイジションからリテンション施策までを、LINE上において一気通貫で実施することが可能となる。

具体的には、AdjustやAppsflyerなどの効果測定ツールで計測した、ユーザーの課金有無やアプリの起動実績などに応じてセグメント化を行い、ユーザー一人ひとりに対して利用を促進するための最適なメッセージ配信を行う。

頻繁に課金をしてゲームをする実績があるが直近3日間ログインを行っていなかったユーザーに対して、LINEを通じてアプリの起動を促すようなメッセージを送ることなどができる。

また既存ユーザー情報を「AudienceOne®」と連携することで、アプリを利用しているユーザーと類似した潜在顧客に対して、LINE Ads Platformを通じてLINE上で広告配信を行うことが可能となるのだ。

今後もパートナー施策や機能拡充に取り組む

なお「DialogOne® for App」は日本国内のみならず、中国や欧米などのアプリ事業者が日本でプロモーションを展開する際に活用することが可能とのことだ。

DACは、今後もパートナー企業との連携強化や「DialogOne®」の機能拡充に積極的に取り組み、企業のマーケティング活動支援のためのソリューションの充実に寄与する方針だ。

いまや「手のひらの上のマーケティングツール」とまで言われるスマートフォン。それだけ消費者の生活に浸透し、かつパーソナライズされたマーケティングやプロモーションをする上でのプラットフォームとしての位置付けも強くなっている。

そうした流れの中でアプリ利用者の人口も多くなってるが、反面でアプリ上での精度の高いマーケティングとそれを実現するソリューションの提供はWebなどに比べるとかなり遅れていた。「DialogOne®」はまさにこの課題に正面から対応するもので、同分野で悩める事業者にとっては心強い味方となりそうだ。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事