パーソナライズヘアカラー「COLORIS」おうち需要でユーザー数が1万名を突破!

ECのミカタ編集部

株式会社ストークメディエーション(本社:東京都渋谷区/代表:梅野祐樹)の運営するパーソナライズヘアカラー「COLORIS(カラリス)」は、サービス開始から8ヶ月の2020年5月、ユーザー数が1万名を達成した。

パーソナライズヘアカラーサービス「COLORIS」

「COLORIS」は、自宅でサロン品質の髪色を実現する、日本で唯一のパーソナライズヘアカラーサービスだ。

WEBカウンセリングで11の質問に答えると、1万通りの組み合わせから1人ひとりにぴったりの処方でヘアカラーセットを自宅のポストへ届ける。

人々の生活は多様化し、美に対する価値観も様々な現代において多くの分野でライフスタイルに寄り添うサービスが生まれる中、既存のヘアカラーサービスは「時間とお金をかけて美容室で染める」か「ダメージを懸念しながら自宅で手軽に染める」かという2択だった。

人の印象を大きく左右するヘアカラーにおいて「選択肢が少なすぎる」という課題感から2019年9月にサービスを開始した。ライフスタイルに寄り添うハイクオリティなホームヘアカラーとして、2020年6月現在は20〜40代を中心に幅広い層に利用されている。

自粛中でも髪をきれいに整えておきたいという要望に応え、発送再開

新型コロナウイルスによる外出自粛期間には、行きつけの美容室にも行けない人が急増し、ホームヘアカラーの需要が高まった。

初めてホームヘアカラーを体験する人や、数年ぶりに挑戦したという人も多く、長い在宅期間にも「髪を綺麗に整えておきたい」という前向きな声が多かったという。

2020年3〜5月の合計受注数は1万個以上となり、物流混雑や一部欠品状態が続いていた。6月4日から順次発送を再開し、注文から約1週間での出荷を可能としている、6月中旬を目処に「朝9時までのご注文で当日出荷」のスピード配送サービスも再開する予定だ。

企業とのタイアップや商品改良にも

「COLORIS」は、「いつもの日々に彩りと余白を」というブランドコンセプトの元、今後はヘアカラー領域を越えて様々な企業とのタイアップ活動を中心にサービスの裾野を拡げていく所存だ。

直近では、コスメブランドやスポーツチームとのタイアップを控えている。より満足度の高いユーザー体験の提供に向け、オフラインイベントの開催や、2020年秋には商品改良にも取り組んでいく。

消費者の需要は多種多様に変化している時代、「COLORIS」が提供する新しい在宅の過ごし方に注目だ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事