コストを抑えてノーコードWeb接客。「Branch Pop」が実現する、お手軽&リッチなCX向上

ECのミカタ編集部 [PR]

サイトの規模を問わず、高度な顧客体験が求められる現代のEC業界。「シナリオ設計」や「パーソナライズ」といったマーケティング施策は、もはや大企業だけが取り組むものではなく、全てのEC事業者に必須の課題となった。

そこで今回は、株式会社アピリッツが2022年4月にリリースしたWeb接客ツール「Branch Pop(ブランチ ポップ)」に注目したい。ノウハウやリソースを持たない事業者でも、コストを抑えてスムーズにWeb接客を導入できるという。その優れた汎用性や機能について、同社のデジタルエクスペリエンス部 SaaSグループ プロダクトマネージヤー 若木勇晟氏に伺った。

多彩なWebソリューションを提供するアピリッツ

――株式会社アピリッツの会社概要を教えてください。

若木氏:当社はクラウド環境を活用したシステム開発やサイト構築をはじめとするSI事業、デジタルマーケティング支援やUXデザイン制作、SaaSプロダクトの提供といったWebソリューション事業を展開しています。

他にもオンラインゲームの受託開発や人材派遣なども手がけており、クライアントの課題に合わせて、それを解決するための幅広いデジタル関連のサービスを提供しています。

――EC事業者に向けてはどのようなサービスを展開していますか?

若木氏:デジタルマーケティング領域では、分析から施策立案、コンテンツ制作までをワンストップでカバーし、EC事業者様の売上向上をサポートしています。また、サイト内検索やレビュー機能といった、ECと親和性の高いSaaSプロダクトもご提供しています。

これらのサービスやプロダクトは、家電量販店やファッション系ECサイトの他、BtoBのオンライン取引など、業種や商流を問わず多くの事業者様に導入いただいています。

高コスパなWeb接客ツール「Branch Pop」

――2022年4月にリリースされたWeb接客ツール「Branch Pop」の概要を教えてください。

若木氏:「Branch Pop」は柔軟なシナリオ設計にもとづく多彩なポップアップで、ユーザー一人ひとりに効果的な訴求を行うWeb接客ツールです。これまでに当社が培ってきたデジタルマーケティングやコンテンツ制作のノウハウはWeb接客と非常に相性が良く、それらの知見を凝縮したものになっています。

従来のWeb接客ツールは非常に多機能なのですが、その分だけ費用が高くなってしまいがちでした。当社の「Branch Pop」はさまざまな施策をスピーディーに、コストパフォーマンス高く実現することをコンセプトとしています。

――どのような背景から、「Branch Pop」をリリースされたのですか?

若木氏:コロナ禍の影響もあり、事業者もユーザーもデジタルシフトが加速している背景がある中で、ユーザーの複雑なニーズを理解し、一人ひとりに合わせたアクションを行うWeb接客の有用性は高まっています。

その一方でコミュニケーションは以前よりも複雑化しています。優れた接客をWeb上で実現するためには、相当な運用工数をかけ、ハイスペックなツールを導入する必要がありました。

事業者様がより手軽にリッチな施策が実行できるように、当社が今まで提供してきたマーケティングやUXデザインの知見、そしてSaaSプロダクトを10年以上提供し続けて蓄積された運用面でのノウハウを活かしたWeb接客ツールを作りたいと考え、開発をスタートしました。

データドリブンなWeb接客を、エンジニアやデザイナー不要のノーコードで提供したいという想いもありました。

「Branch Pop」というサービス名には、ポップアップで最適なWeb接客を実現するというコンセプトを反映するとともに、気軽で“ポップ”にご利用いただくことで、ストレスなく事業者様のビジネスが成長できるようにという願いも込められています。

ファーストリリース時は機能をある程度絞らせていただきましたが、拡張のロードマップはすでにあり、他社様のWeb接客ツールに劣らない機能をラインナップしていく予定です。必要十分な機能をご用意しながらも、しっかりとコストメリットを出すという点についても担保していきます。

――なぜ「コストメリット」が出せるのでしょうか?

若木氏:Web接客ツールを利用するうえで、全てのプロセスを自社でまかなうのは難しく、例えば制作やコンサルティングの工程だけを切り出して、他社に委託されている事業者は多いでしょう。

工程ごとに複数のベンダーを使い分けていると、それだけコスト過多になりますし、コミュニケーションの工数も増えます。その点、当社にはデジタル領域をトータルでカバーできるリソースがあります。ツールを提供するだけでなく、運用までを見据えた一連のプロセスをワンストップで提供することで、結果的にコストを抑えられるのです。

機能・料金プランともに手軽で柔軟

――「Branch Pop」の機能面で優れている点を教えてください。

若木氏:ポップアップは、他の配信方法に比べて高いクリエイティブ性やターゲティングが求められます。「Branch Pop」なら豊富なデータの取得・蓄積が可能で、それをもとにした柔軟性の高い表現が簡単にできます。取得したデータは、メール配信やプッシュ通知につなげることもできます。

ポップアップはマーケティング施策を打つだけでなく、ガイドとして利用してUIを改善したり、オウンドメディアからECサイトへの送客など幅広く使えます。

――どのようなデータが活用できるのでしょうか?

若木氏:データは大きく分けて3つの取得方法があります。一つがECサイトに登録済みのユーザー情報。年齢や性別などの静的なデータです。二つ目は動的なデータです。例えば特定のページを閲覧したかどうか、オウンドメディアの記事を何本見たか、記事を何本読んだうえでコンバージョンしたか、といったサイト上での行動をデータとして収集したものです。三つ目は、事業者様がご自身で保有されているデータベースです。このデータを出力して「Branch Pop」につなぎ込むことも可能です。

こういったデータと連携して、「いつ・どこで・誰に・何を・どのように」表示するかを条件付けることで、パーソナライズされたメッセージをリアルタイムで表示します。お客様が保有されているデータが精細であるほど、ツール利用開始時からの初速を上げることができます。

――料金体系や導入の流れについて教えてください。

若木氏:マーケティングを推進できるチームをお持ちの事業者様は、当社の運用サポートは不要でしょう。その場合はツールのみをご提供する形になり、初期費用150,000円、月額費用:60,000円~でご利用いただけます。

マーケターやデザイナーがおらず、リソースが十分でない事業者様のために、ツール提供とマーケティング支援をセットにしたプランもご用意しています。このように事業者様の事情に合わせて、フレキシブルにプランを組めるようになっています。

基本的にはタグの貼り付けで実装できますので、HTMLを編集できるプラットフォームであれば、スクラッチでもASPカートでも簡単に導入できます。ツールのご利用のみなら、最短3週間ほどで運用を開始できます。

――マーケティング支援のサービス内容について教えてください。

若木氏:まずGoogleアナリティクスを活用したデータ分析を通じて、サイトやユーザーの特徴を把握します。そのうえで「Branch Pop」が取得するべきデータを策定し、施策の立案からデザイン制作、表示条件の設定、効果測定、そして改善案のご提案までを当社が対応いたします。

それぞれのタームごとに事業者様にご確認いただくことはありますが、基本的にはほぼ丸投げしていただけます。運用支援のスタッフは、長きに渡ってディレクターなどの立場でデジタルマーケティングを推進してきたプロフェッショナルです。幅広い知見をもとに、ビジネスの成長に向けて伴走します。

EC事業者のデジタル領域をトータルで支援

――「Branch Pop」はどのようなEC事業者におすすめですか?

若木氏:「Web接客ツール」という言葉はすでにバズワードなっていますが、その波にまだ乗り切れておらず、これからWeb上の顧客体験を向上させたい事業者様には特におすすめです。そういった事業者様ですと、ツールの選定も含めて「何をしなければいけないのか?」ということを考えること自体が難しい場合もあるでしょう。そんな事業者様に寄り添い、一緒に考えていけるサービスが、当社の提供する「Branch Pop」だと思っています。

「Web接客を始めてみたい」というスタートアップの企業様から、「よりコストや運用効率に優れたツールを探している」という大規模サイトの運営者様まで、幅広いニーズにお応えできます。

――アピリッツでは、今後どのようにしてEC業界に貢献していきたいと考えていますか?

若木氏:ECサイトの担当者様はやらなければならないことが非常に多いです。その中でも商品企画など本来の業務に注力するために、できるだけツールの運用負荷は下げる必要があります。分析から施策実行、改善までを当社がトータルにサポートすることで、そういった負荷を軽減することができると考えています。

業績を向上させるという意味では「Branch Pop」によるWeb接客だけにとどまらず、当社が貢献できるプロダクトやソリューションは非常に多いです。ランディングページの制作や、サイト内検索エンジンによる離脱率改善はほんの一例です。長年培ってきた知見やリソースを活用することで、事業者様が抱える幅広い課題を解決いたします。

データドリブンマーケティングを手軽にノーコードで実践し、効果を実感いただける「Branch Pop」から、まずはライトにスタートするのもおすすめです。

Branch Popの無料資料ダウンロードはこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事