ECサイトが今スグ導入検討すべき3つの広告配信機能【第2回】<ショッピング広告(旧:PLA)>

樋爪 康之

多くのECサイトの場合、取扱商品の数と種類が豊富であり、ユーザーが興味のある商品はユーザー単位で異なる傾向にあります。

よってECサイトのリスティング広告は、最適化が進むほどキーワード、広告文、最終ページURLの組み合わせが膨れ上がりアカウント構造は煩雑になりがちです。

今回は
・日々変化し増え続ける検索語句を自動的にカバーする
・ユーザーの閲覧履歴を元に最適な広告を自動生成する
といった運用効率化と成果最大化を実現するGoogleAdWordsの広告機能を3つ中の1つ、
ショッピング広告(旧:PLA)についてご紹介いたします。

【第1回】<動的検索広告(DSA)>
https://ecnomikata.com/column/17108/

1.概要

ショッピング広告【旧:商品リスト広告(PLA: Product Listing Ads)】とはデータフィード内の商品情報と関連性があるユーザーの検索語句に対してデータフィードを元に「画像+テキスト」で構成される広告を自動生成して表示させる機能です。
(AdWordsとGoogle Merchant Centerの連携が必須)

※データフィードとは
自社が保有する商品データを配信先のフォーマットに変換してデータを供給する仕組みです。

※Google Merchant Centerとは
商品のデータフィードをGoogleにアップロードしてGoogleショッピング広告を始めとした
Googleサービスで利用できるようにするデータフィードプラットフォームです。

2.仕組み

■画像:ショッピング広告の配信イメージ■画像:ショッピング広告の配信イメージ

ショッピング広告は、商品説明、商品ページ、商品画像などデータフィード内の商品情報に基いて広告を自動生成されます。ユーザーの検索語句と関連性がある商品が自動的に選ばれて広告として表示されます。

3.特徴

■画像:ショッピング広告 広告配信の仕組み■画像:ショッピング広告 広告配信の仕組み

検索広告枠の上部や右サイドに、ショッピング広告枠は存在します。従来の検索広告だけではなく、ショッピング広告枠でも表示機会を得ることでより多くのクリック数を獲得することが可能です。検索広告とは異なり、ショッピング広告では画像を使って視覚的に商品の魅力をアピールできます。

ショッピング広告は商品数が多いほど配信機会が多く得られやすいため商品数の多い広告主様に最適なプロダクトです。

著者

樋爪 康之

デジタルエージェンシー 事業部
アドプランナー 運用型広告スペシャリスト
ただひたすら広告運用に真摯に向き合うこと約6年間、 成果が伸び悩むクライアントからのご依頼に対し徹底的に改善を行い、確実にCV増/CPA改善に導く。
GoogleAdWords、Yahoo!プロモーション広告、SNS広告など様々な広告媒体を横断的に活用し、クライアントの利益を最大化させる。

弊社HP:http://www.gaprise.com/
執筆ブログ:http://listing.gaprise.com/blog/

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。