支払督促にはSMSが早い、安い、確実!

CM.com Japan株式会社

より多くのお客さまに気軽に商品を買ってもらうために、後払いを導入するECサイトが増えてきました。後払いによって商品購入率が上がったお店も多い反面、支払いを滞納するお客様対応に悩まされているEC事業者も少なくありません。自社で督促業務をおこなう場合、コストだけではなく時間やストレスがかかってしまいます。しかし、SMSを督促業に活用することで、簡単かつ低コストで未払金の回収を実現できます!

増える後払いの需要

ECサイトの支払い方法はクレジットカードでの前払いが主流ですが、支払い方法に後払いがあることで、初めてお店を利用するお客様の購入ハードルが下がります。また、クレジットカードを持たない利用者やクレジットカードを使いたくない利用者にとって、クレジットカード以外での後払いは重宝されます。

経産省の「電子商取引に関する市場調査(平成30年)」(図1)によると、クレジットカード決済を利用しているのは全体の60%であることが分かります。しかし、クレジットカード決済がメインでありつつも、コンビニ、代引き、銀行・郵便局・ATMでの支払いも一定の需要があることが表から読み取れます。

この調査結果ではクレジットカード決済以外のすべてが後払いとは断言できません。しかし、10代〜20代のEC利用者が増えていることから、商品は先に買いたいけれど、支払いはアルバイト代やお小遣いをもらった後にしたいというニーズが増えていることが推測できます。野村総研による「生活者1万人アンケート調査」(図2)の調査結果からも、若年層のEC利用率の伸びは一目瞭然です。

図1:「電子商取引に関する市場調査(平成30年)」(経済産業省)図1:「電子商取引に関する市場調査(平成30年)」(経済産業省)

図2:「生活者1万人アンケート調査」(野村総合研究所)図2:「生活者1万人アンケート調査」(野村総合研究所)

後払いのメリット・デメリット

後払いを導入することで、利用者とEC事業者の双方にメリットがあります。メリットだけ見ると後払いはとても魅力的ですが、デメリットである未払いのリスクは見過ごせません。後払いによるメリットの恩恵を受けるためには、デメリットへの対策をしっかり準備しておく必要があるでしょう。

自社で督促業務をおこなう場合、時間とコストだけではなく、ストレスがかかります。お店としては何も悪いことをしていないのに、お支払いを催促するタイミングや方法を間違えるとクレームに発展する可能性があります。

そんな時、とても便利なのがSMS。電話と違ってお客様の時間を拘束することがないのでクレームになりにくく、メールや郵送物よりも開封率が高いことが特徴です。普段の督促業務を電話・郵送物・メールからSMSに変えるだけで、低コスト・短時間かつストレスなく売上金を効率的に回収することが可能なのです!

SMSなら低コストで効率よく売上金を回収

SMSとは携帯番号宛てに送る全角70文字以内の短いメッセージです。スマートフォン、フィーチャーフォン(ガラケー)問わず送受信ができます。受信者側が専用のアプリケーションをインストールしている必要がないため、ほぼ確実に携帯電話へメッセージを届けられます。

SMSの最大の特徴は開封率が80%以上ある点です。メールと比較すると20倍以上の開封率で、督促のような重要なメッセージを届ける手段として有効です。

EC業界の未払金は売上金全体の6%と言われています。パーセンテージにすると小さく感じますが、年間の売上が10億円であれば6000万円にも上ります。この6%をいかに効率的に低コストで回収するかが、後払い導入後の最大のミッションと言えるでしょう。

▼【SMS成功事例】未払金・督促の回収率アップ!
https://ecnomikata.com/column/22946/

CM.comの督促SMSとは

CM.comの督促SMSは決済代行会社とシステム連携をしています。そのため、支払いを促すSMSの配信だけではなく、クレジットカードで支払いをおこなえる決済ページもCM.comのシステム上で用意できます。

また、すでに自社で決済システムを持っている場合や支払い方法が銀行振込のため決済システム不要の場合は、SMS配信機能のみをご利用いただくことも可能です。

SMSは開封率が80%以上あるため、無視されがちな電話・メール・郵便物での督促よりも高い効果を期待できます。さらに、電話や郵送物を準備する作業時間がなくなり、業務効率が上がります。

CM.comではそれぞれの課題に合ったSMS活用方法を提案しています。まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ


著者

CM.com Japan株式会社 (CM.com Japan K.K.)

1999年オランダで設立し、SMS配信・SIPトランク、コミュニケーションアプリへのメッセージ配信などマルチチャネルメッセージングツールを単一プラットフォームで提供。RCSではGoogleとのオフィシャルメッセージングパートナーとして実装開始。WhatsAppをはじめ、Telegram、Takeaway.com、 ラボバンク、KLMオランダ航空等30,000社以上の顧客にサービスを提供。

https://www.cmtelecom.jp/