【セミナー開催のお知らせ】「所有」から「利用」型のビジネスモデルが加速 ~サブスクリプションコマースを実現する最適なプラットホームとは?~ ※残席僅かです!

山川 健太郎

9月13日(木)開催 「ネット&スマートフォンコマース」のセッションにGMOシステムコンサルティングがユーザー企業と登壇します。

「所有」型から「利用」型のビジネスモデルが加速しています。BtoC、BtoB、CtoCの全エリアで、業界業種も多岐に渡ってきています。提供形態としては、シェア型と専用型の大きく2種類に大別されます。いわゆるサブスクリプションモデルへのシフトが進んでいるとの各種ニュースや報道等を目にされていると思います。

アパレル業界大手の株式会社レナウンの『着ルダケ』はスーツなどのビジネスウェアを月額料金で利用できる画期的な新規事業です。
この『着ルダケ』のWeb受注システムとしてGMOインターネットグループから新登場したクラウドECパッケージ「ecOrigins(イーシーオリジン)byGMO」 をご採用いただきました。業界初となる新規事業の立ち上げにおいて、なぜ発売間もない「ecOrigins byGMO」を採用したのか?
レナウンの中川様をゲストに招き、立ち上げの秘話、成功の秘訣、今後の展望をお話いただきます。

※残席が僅かとなっておりますのでご興味がある方はお早めにお申し込みください。

セッション概要

■イベント名:ネット&スマートフォンコマース

■日時:2018年9月13日(木)15:05~15:45(弊社セッション)

■セッション内容:
 ・「所有」から「利用」型のビジネスモデルが加速 
  ~サブスクリプションコマースを実現する最適なプラットホームとは?~
  登壇:GMOシステムコンサルティング株式会社 山川 健太郎
 ・業界初の新規事業『着ルダケ』の立ち上げ ~その成功の秘訣とは~ 
  登壇:株式会社レナウン 中川 智博氏

■開催場所: JPタワーホール&カンファレンス(JPタワー・KITTE 4F)

■参加費:無料(イベント参加への事前登録が必要です)

■対象:事業会社のECご担当者様、事業会社の経営企画部門ご担当者様

■お申し込み・詳細:こちらからご確認ください↓
https://www.ecorigins.jp/events/2018/0830.html

※残席が僅かとなっておりますのでご興味がある方はお早めにお申し込みください。

著者

山川 健太郎 (Kentaro Yamakawa)

山川 健太郎 (Kentaro Yamakawa)
外資系IT企業にて法人営業、新規事業開発、パートナーアライアンス、プロモーション活動等を経験したのち、GMOシステムコンサルティングへ入社。新しいEC商材『ecOrigins(イーシーオリジン)』のマーケティング・プロモーション全般を担当。

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。