「Amazon Alexa」と「Amazon Echo」年内に日本展開。IoTは音声のみで完結する時代へ

ECのミカタ編集部

 Amazon.co.jpは、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」と「Amazon Echo」を年内に日本で展開し、事前に購入を希望したユーザーには招待制でEchoを購入できるようにすると発表した。さらにAmazonは、Alexa Skills Kit(ASK)およびAlexa Voice Service(AVS)を日本市場でも展開し、日本のユーザーに向けて世界中の開発者がさまざまなAlexaによる音声体験を構築できるよう支援するとした。

 Amazonが所有する「Alexa」という人工知能をご存知だろうか。音声を認識して色々な操作を実行してくれる音声認識ユーザーインターフェースだ。その「Alexa」を利用するためのスマートスピーカーが「Amazon Echo」と呼ばれる商品で、Amazonはこれらを年内に日本で展開すると発表した。

 「Amazon Echo」は、北米ですでに大きなシェアを獲得しており、ハンズフリーで話しかけるだけで、さまざまな情報の取得や、音楽の再生、タイマーやアラームのセットといった操作が可能になっている。iphoneのsiriのようなものだと思ってもらって構わないが、違いはディスプレイがないというところ。音声のみでやり取りを行うという事に徹底的に作り込まれている。

 Amazonは日本のユーザーに向けて開発者がAlexaスキルを作成できるようAlexa Skills Kit(ASK)を提供する予定だとしている。セルフサービス型の各種APIとツール群で構成されるASKによって、開発者がAlexa用の新しい音声駆動型機能を迅速、容易に作成できるようになるのだ。

 すでに日本のパートナーの一部には事前にAlexaスキルの作成を進めていて、NTTドコモ、クックパッド、KDDI、積水ハウス、ソフトバンク、NHK、JR、三菱UFJフィナンシャル・グループ、ヤフー、リクルートホールディングス他のパートナーより提供される予定だとしている。

 また、Alexa Voice Service(AVS)を使用することによって、ハードウェアメーカーの製品開発者はAlexa対応の製品を開発することが可能となり、接続されたあらゆるデバイスを音声で制御できるようになるという。アンカー・ジャパン、HTC、オンキヨー、ハーマンインターナショナル等の企業はすでに、日本市場向けにAVSを使用したAlexa対応製品の発売を計画しているとした。

スマートスピーカー戦国時代の予感。進化するIoTの世界

 スマートスピーカー製品は、様々なメーカーから徐々に日本市場に進出してきている。LINEの「Clova」を利用するスマートスピーカー「WAVE」や、「Google Home」、Appleの「HomePod」など、いずれも日本市場でも展開される予定だ。

 これらの機器が浸透してきた時、IoTの世界はどこまで進化するのだろうか。音声のみでECが完結する日はそう遠くないだろう。スマートフォンさえ手放してしまう時代も来るかもしれない。世界の技術は凄まじい速さで進化を遂げている。新しいECの形はどうなっているのだろうか。期待して続報を待とうと思う。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録