SEMエージェンシーと上海柏嘉実業有限公司が業務提携。互いの強みを活かし国内企業の中国越境を支援

ECのミカタ編集部

 インターネット総合代理店、メディア運営、インフルエンサー事業などを行う株式会社SEMエージェンシー(東京都渋谷区)は、中国国内において通販事業コンサルティング事業を展開する上海柏嘉実業有限公司と業務提携契約を締結したと発表した。

 SEMエージェンシーはGoogle、Yahoo! Japan、Twitterの正規広告代理店としてリスティング広告、SNS広告の運用、メディア運営、インフルエンサー事業などを展開している。

 一方の、上海柏嘉実業有限公司は中国本土において様々なインターネットチャネルを使い、オンラインでの商品販売コンサルティングをワンストップで提供している。特に化粧品や日用品などの販売を得意としておりアディダスやLGグループのネット販売、日本企業の商品取り扱いとしては、資生堂やライオンなどに対してコンサルティングを行い、中国におけるEC市場の拡大とともに急成長している。

 今回の業務提携では、SEMエージェンシーは中国販路の拡大を目指す国内メーカーやサプライヤーを支援し、上海柏嘉実業有限公司が中国国内のECサイトをコンサルティング、運営することで売上拡大の支援を行っていく。また、急成長を支える上海柏嘉実業有限公司の販売ノウハウとSEMエージェンシーが持つインターネット広告運用のノウハウを生かし共同で広告商品の開発も行っていくとしている。

 上海柏嘉実業有限公司との業務提携により、中国本土で販売強化を希望する国内サプライヤーに対し海外進出・海外販売拡大をサポートすることを可能にした。またEC小売流通総額1兆ドルと言われ、今後も成長が見込まれる中国EC市場に対し、多くの国内サプライヤーの中国進出を支援、同時に海外ECコンサル事業にも注力していくことでSEMエージェンシーの事業拡大も見込まれる。

世界との距離が縮んだ今、どの方向に向かって進んでいくべきか

 中国越境市場はまだまだ伸び盛りで、進出したいと考えている日本企業も多い。一方で文化の違いや規制などもあり、事情をよく知ったプロの案内がなければ進出は難しいのが現状だ。しかし、中国越境ECを支援してくれる企業は増えているので委託先さえ決まっていけばワンストップで商品を中国ユーザーに届けることが可能になってきている。

 世界との距離は驚くべき早さで縮まっていて、今や世界中の商品をパソコンやスマートフォンを通して簡単に手に入れられる環境が構築されている。国内市場が飽和状態となりつつある昨今。どの方向に舵を切っていくかで企業の業績は大きく変わってくる。より多くの選択肢に触れ、柔軟な思考を持って新しい分野に挑戦していってもらいたいと思う。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録