ポップアップストアへの出店メリットは?Amazonや楽天もこぞって開催する理由

ECのミカタ編集部[PR]

リアル店舗を出店するよりもハードルが低く、商品を販売できるEC。しかし、今ECをメイン事業としてスタートさせた企業がリアルへと進出し始めています。
いつでもどこでも購入できることが強みであるECがあるにもかかわらず、なぜ”リアル”を重要視しているのでしょうか。

リアル店舗を持つことのメリットは?

ECの大きなメリットはもちろん、いつでもどこでも購入ができる部分です。さらに今では自宅での受け取りに限らず、コンビニやロッカーなどでも商品を受け取ることができ、ライフスタイルに合わせた利用が可能になっています。

その一方で大きなデメリットが実際に商品を試すことができない、という点が挙げられます。色味や感触、サイズ感、こうした五感で感じるものは写真や文章だけでは伝わりにくいのです。

もちろん、こういった課題を解決するソリューションも増えていますが、やはり実物を手にすることができるのはリアル店舗を持っている企業の大きな強みとも言えます。

他にもリアル店舗では店頭に店員が立つことで商品の説明や他の商品の提案など、お客様に合った接客も可能なため、タイムリーにクロスセル・アップセルが可能です。


【リアル店舗を持つことのメリット】

・お客様が実際の商品を手にとって見ることができる
・対面で接客をすることで、店員が商品説明をすることができる
・お客様の状況や反応を見ながらクロスセル/アップセルをすることができる



とはいえ、リアル店舗を持つには場所が必要ですし、出典を継続するにもある程度の資金が必要です。そこで活用したいのがポップアップストアや物産展など、スポット的に出店できるイベントです。

Amazon、楽天市場。ECプラットフォームさえもリアルへ

日本のEC市場を牽引しているAmazonや楽天市場でさえも、期間限定のポップアップストアやイベントを定期的に開催しています。

例えば、Amazonでは2017年10月にはAmazon.comで販売されているお酒を飲むことができる「Amazon Bar」をオープン。店内には約5,000本のボトルが陳列されているだけでなく、店内に用意されたタブレットで幾つかの質問に答えることでオススメのお酒が提案される仕組みを用意しています。「Amazon Bar」話題性も手伝い、長蛇の列ができるほど大盛況でした。

「Amazon Bar」の様子
https://ecnomikata.com/ecnews/16261/

その年のサイバーマンデーセール時にはマルイと協業し、渋谷モディ内にサイバーマンデーセールで販売される商品が陳列。その場で見た商品をQRコードから購入ができるような仕組みを整え、実店舗からの送客を実現しています。

また、楽天市場では毎年秋に「楽天うまいもの大会」という、楽天市場の人気店が集うイベントを開催しており、2018年の開催で7回目となりました。「楽天市場」のグルメやスイーツの認定制度である「楽天グルメセレクション」が会場内にブースを構え、会場にいるお客様に認定商品の試食・投票をしてもらう、お客様参加型企画も実施していました。

「楽天うまいもの大会2018」の様子
https://ecnomikata.com/ecnews/20471/

他にも、BASEやSTORES.jpなどのECプラットフォーム、Creemaやminneなどのマーケットプレイスも利用者が出店できるイベントを開催しています。

短期間出店可能なポップアップストアを活用すべき!

では普段ECサイトで販売している商品をポップアップストアで販売するメリットとは、どこにあるのかといえば、一番大きいのは認知度の向上です。ECであれば、世界中から集客することも可能ではあるが、実際は検索からの流入や広告からの流入など、接触できる人数は多くありません。

しかし、ポップアップストアであればその企画自体に興味がある人、出店している他の店舗に興味がある人、たまたま通り掛かった人など幅広い人々に商品を持てもらえる可能性があります。

また、ECサイトを持ってさえいれば、その場で購入に至らずとも帰宅後に購入へつながることもあるでしょう。


【ポップアップストアに出店するメリット】

・普段は接触できない人に商品を知ってもらえる
・元から集客ができている場所に出店できる
・家賃などの固定費を気にせずに出店ができる
・イベント出店の実績があることで、ECサイトへ訪れた人へ安心感を与えることができる
・短期間での出店であるため、長期的な人的リソースの確保が不要


では、どういったイベントに出店するべきなのでしょうか?開催情報などを得やすいのは、使用しているプラットフォームが開催しているイベントです。担当者からの案内はもちろんの事、開催情報を逃さないよう確認することが必要と言えます。

その他の企業や地域で開催されているイベントなども数多く存在しているため、企画テーマや条件に合ったものを探すと良いでしょう。

ECのミカタ主催!5万円~イベント出店可能な全国ネットショップ物産展2019

詳細:https://ecnomikata.com/blog/21717/

ECのミカタでは多くのEC事業者様のお声にお応えして、ECのミカタが主催の全国ネットショップ物産展2019『夜のご褒美フェア』を開催します。

『夜のご褒美フェア』のターゲットは自分にためにお金を掛ける20代30代の女性です。”自分にお金を掛けられる女性の贅沢”であれば、普段よりも高単価な買い物をすることが予想されますし、夜、睡眠前に行うことは習慣化しやすいという話もあります。

また、『夜のご褒美フェア』開催日には会場付近で毎年約75万人が来場する「横浜開港祭」も開催。来場者の約6割が女性で役45%が20〜30代ということもあり、F1層を狙った商材であれば、プレミア顧客にリーチできる絶好の機会といえます。

出店可能な店舗数には限りがありますので、「この機会を逃したくない!」という方は是非お問い合わせください!

【全国ネットショップ物産展2019『夜のご褒美フェア』開催概要】

■開催日時   :2019/5/31(金)~6/2(日) 10:00~17:00 
■開催会場   :パシフィコ横浜 Cホール
■出店費用   :¥50,000〜
■募集状況   :現在出展者二次募集中!申込〆切3/15(金)
■詳細     :https://ecnomikata.com/blog/21717/

お問い合わせはこちら >> https://ecnomikata.com/form/144/


記者プロフィール

ECのミカタ編集部[PR]

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部[PR] の執筆記事