minneミンネ byGMOペパボ、CtoCハンドメイドマーケットに法人も出品可能に

ECのミカタ編集部

GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(本社:東京都渋谷区/代表:佐藤健太郎、以下「GMOペパボ」)が運営するハンドメイドマーケット「minneミンネ byGMOペパボ(以下「minne」)」は、2019年7月31日(水)より利用規約を改定し、「ものづくりへのこだわり」を前提に、メーカーやセレクトショップなど法人からの出品を可能とした。
今回の利用規約改定によって、これまでのCtoCに限らず、ものづくりに関するモノ・ヒト・コトが集まる「ものづくりの総合プラットフォーム」として、ものづくりを通して表現する人たちの裾野を広げていく。

ものづくりの環境が整い、作品のクオリティがアップ

minneは2019年6月末時点で54万人を超える作家による作品が販売・展示されており、現在18のカテゴリと181の小カテゴリに細分化され、公開作品数は1000万点を超える。

近年は3Dプリンターやレーザーカッターをはじめとするデジタルファブリケーション機器を利用できる施設が増え、個人では実現不可能だったものづくりが可能となっている。

GMOペパボでも、画像をアップロードするだけでオリジナルグッズが作成できる「Canvath」を提供しており、多くの作家の創作の幅が広がりつつある。

クオリティの高い作品が生まれるようになっただけでなく、そうした作家の想いのこもった作品を販売するセレクトショップを身近に感じられるようになった。

個人のみならず法人にも間口を広げ、販売品を充実させる

これまでCtoCハンドメイドマーケットとして展開してきたminneは、今回利用規約を改定し、作家やセレクトショップ以外の法人による代理出品を可能とした。

個人のみならず法人にも間口を広げることで、より出品する作品をクオリティが上がることや、多くのユーザーがより多くの作品に出会う機会を提供することができるとの考えからだ。

また、作家にとっても、自身の作品をより多くの人に見てもらえる機会が増える。

今回の規約改定が、新たな作家を創出してEC市場をより加速させていくことに期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事