ECのミカタで4月読まれた記事まとめ

ECのミカタ編集部

ECのミカタで4月に読まれた記事を紹介する。

日々情報が更新されるEC業界でも特に注目を集めた記事になっている。多く復習兼ねてチェックしておこう。

4月に読まれたニュース

Amazonマケプレプライムのルール変更を解説 7月以降に施行開始予定
https://ecnomikata.com/column/30144/

Amazonマケプレプライム、日本郵便EMSといった多くの事業者に関連してくるニュースが多く読まれました。Amazonマケプレプライム関連の記事は複数公開していますがそれでも未だに読まれており、読者の継続的な関心が伺えます。

日本郵便がEMS特別追加料金の導入を公表
https://ecnomikata.com/ecnews/30082/

EMSの料金値上げは強みである価格を捨ててしまう形になるので、上位プランであるUGXやその他海外発送サービスの注目度がより強まりそうです。去年、EMSが止まっているときにUGXやFedEx、DHLといったサービスを活用した事業者からは配送の質が高くリピーターになり得ると単純な配送費用以外のところで評価が高まっており、今後どのサービスが頭抜けるのか、また配送する国によってどう使い分けが必要なのかなどが需要がありそうです。

日本郵政グループと楽天グループが業務提携における進捗状況を公表
https://ecnomikata.com/ecnews/30232/

また楽天と日本郵便の連携についての追加発表ではJP楽天ロジスティクス株式会社の立ち上げが発表されました。具体的にどのようなサービス展開を行うのかの発表が待たれます。RSLはどうなるのでしょうか。

【国内アパレル業界初】女性アパレルブランド「imness(イムネス)」に 「AIパーソナル診断機能」を導入
https://ecnomikata.com/ecnews/30071/

最後は、アパレルブランドのAIパーソナル診断の導入ニュースです。パーソナルカラー×顔立ち判定を行うと瞬時におすすめのアイテムをレコメンドしてくれるというもの。ECサイトでプッシュする施策が増えてきましたね。ユーザーからめんどくさいと思われずに、痒いところに手が届く、ギリギリを探るのは非常に難しく細かいアップデートは必須のように思います。

4月に読まれた取材記事

ヤマト運輸のフルフィルメントサービスがリニューアル!サイズ別全国一律配送料金でより便利に使いやすく
https://ecnomikata.com/original_news/30139/

ニュースと同様に物流、特に配送を担う大手3社は注目度が非常に高いです。今回のフルフィルメントサービスは主にYahooショッピング利用事業者向けですがFBAと同様にその他のプラットフォームでも利用可能。今後、配送に長い年月をかけて投資し続けてきたヤマト運輸ならではの強みを生かした展開があると面白そうです。

CVR改善するなら 【ecforce】が強い理由
https://ecnomikata.com/original_news/29725/

またecforceの機能にスポットを当てた記事も読まれました。CVRを改善するために必要な機能を深堀りしています。幅広くツールの機能を解説するのもいいですが、数ある機能の中からあえて一つを選択し解説すると理解も深まります。

土屋鞄製造所が成し得た【Shopify Plus】によるEC運営 事業を大きく前進させるために必要な視点
https://ecnomikata.com/original_news/29716/

ShopifyとInstagramの事例記事が読まれました。特にShopify Plusは事例が少なく、注目度も高かったのではないでしょうか。土屋鞄製造所という知名度もクリックに一役買ったと思われます。中身も単純にShopify Plusがすごい!という記事ではなく、どのような社内体制が必要か、どのような思考がないと危険かをお話しいただいてます。

Instagramで作り上げる顧客との“絆”。 今、EC事業者が知っておくべき最新活用法とは?
https://ecnomikata.com/original_news/29860/

またInstagramではCOHINAさんにお話を伺いました。Instagram活用では知名度の高いアパレルメーカーですね。Instagramは新しい機能開発がこまめに行われており、実際にユーザーとして活用していても自分のわかる範囲以外を触れないことも珍しくありません。

しかし機能を知っていないと、ユーザーとのタッチポイントを有効的に活用できているとは言えません。どのようにCOHINAは機能を追いかけているのか、伺いました。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事