2021年Amazonプライムデーは、さらに熱を帯びるか?APP ANNIEが最新予測レポートを公表

ECのミカタ編集部

APP ANNIEは、今年のAmazonプライムデーにおける各種予想を中心としたレポートを公表した。ここではその概要についてポイントを絞って見ていく。

プライム会員は、パンデミック後5,000万人増加

同社は、アマゾンの年に一度のプライム会員向けセールイベント「プライムデー」について、今年は6月21日と22日の2日間で開催することを正式に発表し、ユーザー達はアマゾン最大のセールイベントに向けてすでに準備を進めていると予想している。

デジタルコマースは過去1年間で非常に活発化しており、2021年には売上高が11兆ドルを突破する見込みだ。中国を除く全世界では、5月22日までの4週間で消費者がショッピングアプリに費やした時間は、前年同期に比べて30%も増加した。

さらにアマゾンでは、パンデミックによる実店舗の閉鎖などから、プライム会員がパンデミック後に5,000万人増加した。それらにより今年のプライムデーで買い物するユーザーの利用時間は、パンデミックが起きる前の数字を上回るとApp Annieは予測している。

このセールイベントは2015年に導入されて以来、アマゾンアプリのユーザー数やダウンロード数を着実に増加させてきた。昨年は10月に延期開催されたプライムデーは、伝統的にアマゾンのアプリへのトラフィックの大きな原動力となっており、ブラックフライデーとサイバーマンデーを合わせた同プラットフォームでの売上を上回っている。

2021年のプライムデーの週には、中国を除く全世界のAndroid端末で、2020年のプライムデーの週に比べて前年比25%増の10億時間の集客を見込む。

プライムデーに対抗した競合のイベントも活況か

さらに他の大手小売企業も、アマゾンのプライムデーに合わせて独自のオンライン販売イベントを開催してきた。昨年は、米ウォルマートが「Big Save」イベントを、米小売大手「ターゲット」が「Deal Days」セールを開催し、プライムデーと同時開催した。

上位にランクインしている他のショッピングアプリも、消費者の需要が高まり、タイムリーなプロモーションが行われた2020年のプライムデーの週に米国でのダウンロード数が急増した。

アマゾンに続き、ファストファッション「SHEIN」は2020年のプライムデーの週に米国でのアプリダウンロード数が4位となり、前週比で20%の伸びを示した。ナイキとターゲットのアプリは同期間に7位と10位にランクインし、前週比でそれぞれ、75%と20%の伸びとなった。

ウォルマート、ターゲット、BestBuyなどは、今年も過去と同様の戦略を実施するのではないかと予想している。また2021年4月時点では、米国のAndroid端末では、アマゾン、イーベイ、ウォルマートが最も使用時間の長いショッピングアプリの上位を占めた。

前年比25%増の10億時間の利用を見込む

公表に際して、App Annieマーケティングインサイト部門責任者、Lexi Sydow氏は、次のように述べている。

「今年のプライムデーでは、パンデミックの影響でモバイルショッピングが活発化しており、アマゾンのプライムデーはパンデミック前の数値を上回ると予測しています。中国を除く全世界で、5月22日までの4週間にショッピングアプリに費やした時間は、前年同期に比べて30%増加しました。

中国以外の地域では、5月22日までの4週間にショッピングアプリに費やした時間は、前年同期比で30%増加しました。2021年のプライムデーの週には、既存の『カウチ・コマース』行動やフラッシュ・セールを背景に、中国を除く全世界のAndroid端末で、2020年のPrime Dayの週に比べて前年比25%増の10億時間の利用を見込んでいます」

このように、世界的なプライムデー会員の大幅増や、世界の消費者におけるショッピングアプリの利用時間の増加などから、2021年のAmazonプライムデーも盛況になるであろうとの予測結果となっている。

Android端末だけで前年比25%増の10億時間の利用ということになれば、それに比例して購入額もかなりの伸びとなることも予想できる。プライムデーが間近に迫る中、Amazonで展開する各EC事業者にとっても、本格的な準備が必要となりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事