今、EC市場はどう変化しているのか?5つの視点から解説

ECのミカタ編集部

 今回は、特にEC事業者がこの1〜2年、従来の方法では対応できなくなってきたと感じることが多い点に焦点をあて、「物流/配送」「集客/接客」「多店舗展開」「オムニチャネル」「越境EC」の5つの視点からEC市場を解説する。

物流/配送の多様化

 国土交通省が2015年に発表した「宅配の再配達の削減に向けた受取方法の多様化の促進等に関する検討会」の報告書によると、宅配便の不在再配達により、年間約9万人分の労働力に相当する社会的損失が発生している。そこで、今後取り組むべき内容として、消費者と宅配業者・通販事業者のコミュニケーション強化や、コンビニ受取など受取方法の更なる多様化・利便性向上等の新たな取り組みの推進があげられている。

 また、ECのミカタRESEARCHが2016年11月に発表した「EC市場調査 レポート」(※)によると、ネットショップで商品を購入した際、利用した受取方法で最も多かったのは「自宅への配送(初回配達)」98.2%であったが、次いで「自宅への配送(再配達)」36.0%が続き、3割以上が再配達を利用していることが分かる。さらにスマートフォン利用の場合、再配達率は43.0%にも上る。スマートフォン利用の増える中、再配達への対策が、今後必須のものとなるだろう。同調査では、現状、コンビニ受取の利用率は11.5%、宅配ロッカーの受取が5.3%となっている。これらの新しい受取方法についても、PCよりスマートフォンの利用率が高い。今後、利用できる場所を増やし、消費者の認知度を上げていくことが求められる。

集客/接客の多様化

 総務省が発表した「平成28年版情報通信白書」によると、2015年末のインターネット利用端末は、「パソコン」56.8%、「スマートフォン」54.3%と僅差になっており(ちなみに「タブレット」(18.3%)、これまでの伸び率から2016年〜2017年にはスマートフォンとパソコンの利用率が逆転していることが予想され、また、既に逆転しているとするデータも出てきている。スマートフォンの普及に伴い、ECを利用する状況も多様化しつつある。

 ECのミカタRESEARCH 2016年11月発表の「EC市場調査レポート」(※)によると、ECで商品を検索する際の場所について、最も多かったのは「自宅」98.3%であるが、次いで「職場・学校」24.8%、「電車やバスの中」21.3%となっており、特にスマートフォン利用者では、「職場・学校」34.0%、「電車やバスの中」31.0%。と、自宅外での商品検索が、PC利用者に比べ高い割合となっている。

 しかし、商品を購入する場所については、自宅外での場所の割合が下がる。これは、個人情報の入力など

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。