フューチャーショップ、「はぴロジ」と連携で物流アウトソーシングを手軽に

ECのミカタ編集部

株式会社ブレインウェーブ(本社:大阪府大阪市/代表:園田有希生)は、株式会社フューチャーショップ(本社:大阪府大阪市/代表:星野裕子)が提供するECサイト構築プラットフォーム「futureshop」と連携し、物流アウトソーシングの提供を開始する。
この連携により、futureshopの利用顧客が手軽に物流業務を外部委託することができるようになる。

連携によって物流アウトソーシングを手軽に

今回の連携によって、「物流アウトソーシング」サービスを提供することが可能となる。

具体的には、下記の2つの機能が使えるようになる。

1)はぴロジ倉庫に在庫を預け入れることで、外部からクラウドシステムを通じて出荷指示や在庫管理を容易に行える。
2)はぴロジのカテゴリー別物流プラットフォームとして、「コンタクト専用物流サービス」「アパレル専用物流サービス」を提供開始。

近年、OEM等の販路拡大が急拡大している。また、送料の高騰も伴い、物流統合の動きが加速しつつある中で、カテゴリー第1段として、同業界の専用物流インフラの構築・試験運用が完了したため、futureshop向けに提供されることとなった。

事業者の「やりたい」にとことん応える

はぴロジは、全国の倉庫をクラウドシステムが制御することにより、出荷業務の自動化を行う高度な物流プラットフォームと、プラットフォーム上で荷主企業と提携物流事業者を繋ぎ、物流業務を運営する事業の総称となる。

プラットフォームを制御するコアシステム「はぴロジASIMS」がこの全国の提携倉庫によるネットワークを形成し、ショッピングカートシステムや荷主企業との各種データ連携および変換を一元的に行っている。

はぴロジの主要な特徴としては、シェアリング型プラットフォームであるため、広い倉庫ネットワーク、専用システム「はぴロジASIMS」による出荷業務の自動化、複数倉庫からの分散出荷のサポートなどが挙げられる。

一方で、フューチャーショップが提供するfutureshopシリーズは、未来に向けたコマース戦略を創造するSaaS型ECサイト構築プラットフォームだ。プラットフォーム自体の機能が充実しているのはもちろんのこと、他システムとも多数連携し、柔軟性や拡張性にも優れている。

フューチャーショップは、「売上を創るEコマースプラットフォーム」を目指し、プロユースに応える高機能であることにこだわり続け、EC事業者の「やりたいこと」にとことん応えるというスタイルを大切にしている。

ECサイトを運営する中で、発送業務は成長すればするほど負担は大きくなる。しかし、アウトソース後には委託先への出荷指示などの業務が発生することもあり、さらなる効率化が求められていた。2社の連携によって、より受注後の負担が減り、その他の販促活動や商品企画などの業務に時間を割くこともできる。今回の連携はEC事業者の「やりたいこと」の実現をさらに手助けしてくれるだろう。



記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事