楽天市場、2021年の猛暑対策グッズヒット予測を発表 「新しい生活様式」対応の暑さ対策商品に注目

楽天グループ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、同社が運営する「楽天市場」内の企画「楽天市場 夏特集2021」において、「楽天市場 2021年夏 猛暑対策グッズ ヒット予測」を発表した。

「新しい生活様式」に対応した暑さ対策商品

「楽天市場」では13万点以上の暑さ対策関連商品を販売しており、「冷感」、「ひんやり」、「暑さ対策」などの暑さ対策関連ワードの検索数も、2021年4月後半から5月上旬にかけて、前年同期比約2.5倍と高い水準で推移しているという。

また、昨今の「新しい生活様式」の浸透により、マスクの着用や在宅時間の増加などライフスタイルの変化に対応した、新たな暑さ対策商品に注目が集まっている。

◆「楽天市場 夏特集2021」
https://event.rakuten.co.jp/genre/season/

節電対策や着用タイプの暑さ対策

在宅時間の増加に対応し、「パーソナルクーラー」や「涼感寝具」など、暑さ対策をしながら節電対策もできる商品への需要が高まると考えられる。

また、マスク着用が必須となった外出時に身につけることで、涼感を得られる「空調機能付きファッションアイテム」や「マスク扇風機」など、着用・装着タイプの暑さ対策商品にも注目だ。

ペット向け涼感グッズ

昨今、ペットが快適に過ごすことのできる、「ペット向け涼感グッズ」の需要が高まっている。「楽天市場」における流通額は、2019年から2020年の1年間で、約1.7倍に拡大したという。

進化系水遊び

庭やベランダを活用し、充実したおうち時間を過ごすことができる、空気入れ不要の大型のプールや、マンションのベランダなど小スペースでも遊べる水浴びアイテムなどの「水遊び」関連商品も好調な売れ行きが予想される。

コロナ禍で迎える2年目の夏は、全国的に暑い夏になると予想されている。コロナ禍が当初の予想よりも長引いていることで、2021年はウィズコロナを意識した暑さ対策商品が昨年よりも増えているのではないだろうか。

マスク必須の中、暑い夏を乗り切るには、さまざまな工夫が必要になりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから