ネットと店舗の連動で日本酒界を盛り上げる「KURAND」【店長のホンネ】

ECのミカタ編集部

全国各地の美味しい日本酒との出会いを作る、リカー・イノベーション株式会社の「KURAND(くらんど)」。日本酒や酒類に特化したオウンドメディアの運営、インターネット通販での定期購入サービスなど、日本酒業界にとっての新しい取り組みで、地方で頑張る蔵元さんの新たな販路を作り、美味しい日本酒の新たなファンを生み出しています。KURANDではさらに、「日本酒試し飲み仕放題」の実店舗「KURAND SAKE MARKET」や、体験プログラムなども展開。そんな、ネット通販から始まった取り組みの様子を、4月に新たにオープンした「KURAND SAKE MARKET」新宿店にて、リカー・イノベーション株式会社 広報担当の辻本翔さんに伺いました。

インターネット通販とメディアの活用

日本酒に特化したメディア「KURANDマガジン」

 「KURAND」が始まったきっかけは「このままでは酒類業界を盛り上がらない」という危惧にあるという。最近では若い世代や海外でも日本酒が積極的に飲まれるようになってきたが、少し前まで日本酒は、年齢が高めの人が飲むもの、あまり美味しくないというイメージもあった。

「リカー・イノベーションが立ち上がって、最初は普通のお酒全般のインターネット通販を行っていたのですが、それを日本酒に特化してやってみようということで『KURAND(現:KURAND CLUB)』が始まりました。日本酒の頒布会という形自体は、昔から蔵元さん主体でありましたが、それを購入しやすい見せ方に変えてインターネット上で販売しました。」。

 業界を盛り上げるために、従来からあるリソースを新しい形で活用する、これは他の業界でも参考にできるのではないだろうか。そして、KURAND CLUBが大きく広がる鍵となったのが、リカー・イノベーションが運営するオウンドメディア、日本酒に特化した「KURANDマガジン」と酒類全般に特化した「NOMOOO(ノモー)」だ。

「実は、インターネット上では、広告の規制が強くて、それならば自社でメディアを立ち上げて、その中に広告を出して知ってもらおうと、メディアを始めました。自社メディアなので融通を利かせることができ、何万人という方に情報を届けることができるのは、非常に効果的でしたね。時代的に、まとめ系、バイラル系の記事が流行した頃でしたが、その中でもお酒に特化したメディアは他になかったということも、強かったです。」

実店舗とネットの連動で出会いの場を広げる

KURAND SAKE MARKET新宿店にて。全国各地のお酒がズラリと並ぶ。

 KURAND CLUBが広がる中で、ネット上だけでなく、リアルでイベントなども開催されるようになったが、そこからさらに進んだのが、現在都内に4店舗ある実店舗「KURAND SAKE MARKET」だ。

「付き合いのある蔵元さんが増えてきて、もっと定期的に日本酒を飲んでもらう機会を作って、美味しい日本酒というものを知っていただきたいと思いました。日本酒の繊細な味わいというのは、いくら言葉で表しても、実際に飲まないと分からないんです。たまたま東京・町田にあるセルフスタイル形態の日本酒専門店「日本酒ラボ」の方と弊社の代表が知り合う機会があり、そこでいろいろと相談もした結果、KURAND SAKE MARKETという、100酒類の日本酒が、時間無制限で飲み比べできるというスタイルになりました」。

 来店するのは、定期購入を利用して

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。