ECサイト離脱防止策、コンバージョン率が最大2.5%に【Ve Japan調べ】

ECのミカタ編集部

Ve Japan株式会社(以下、Ve Japan)は、2016年10月1日から12月13日のおよそ2カ月半の期間において、プラットフォーム「VePlatform」が貢献したコンバージョン、売上、各機能の傾向・特長をまとめた。

Webサイト内の施策が集客対策効果と相性が良い

 まず、「VePlatform」とは、オンラインのコンバージョン改善を提供する離脱ユーザーに特化したプラットフォームである。成果報酬型という分かりやすい料金体系と数行のタグを埋め込むだけのシンプルな導入方法により、世界43ヶ国で1.2万社以上に採用されている。

 今回の計測対象期間におけるVeソリューション(サイトエンゲージメントとメールマーケティング)によって創出された売上は、合計で7.4億円に上る。計測対象期間における総コンバージョン数は254万となり、そのコンバージョンの2.3%に対して、Ve Japanが貢献した。

 当期間において、3,290万に上るサイト離脱を計測した。その内、サイトエンゲージメント(※1)は630万回以上表示され、56,000件を超えるコンバージョン誘導に貢献した。また、メールリマーケティング(※2)については、13万通のメールが送信され、17,000回のサイト再帰、3,300件のコンバージョンを創出した。今回のデータにおいてWebサイト内の施策が集客施策の効果と相性が良いことが判明した。

※1 ユーザーが離脱の挙動を行った際に、ウェブブラウザ内に表示されて、ユーザーをウェブサイトに留まるように促す機能群
※2 ユーザーが注文や申し込みの途中でウェブサイトから離脱した後にメールを送信する機能

離脱防止施策がオンラインビジネスの大きなメリットに

 日本では、サイトエンゲージメントの機能が多く利用されているが、パフォーマンスやコンバージョン率においてはメールマーケティングの方が高い効果が得られる傾向にある。そのメールマーケティングにおいて、総配信数からのコンバージョン率は2.5%、総開封数の6.0%に相当するコンバージョン率が確認された。

 さらに、総クリック数が19.2%となり、リマーケティングとして高い効果を出していた。メールリマーケティングについては、開封数とクリック数を高めるという施策

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。