スタイリッシュな革靴をオンラインSPA(D2C)で提供する『COMFOLD』販売開始

ECのミカタ編集部

スタイリッシュな革靴をオンラインSPA(D2C)で提供する『COMFOLD』販売開始

株式会社coen(代表取締役社長:島元大輔/東京都渋谷区、以下「coen」)は、「ちょうどいいデザイン。」「質のいいものを普段づかいに。」をコンセプトに、オンラインSPA (D2C)モデルのメンズ靴ブランド「COMFOLD(コンフォールド)」を自社Webサイトにて販売を開始した。

30代、40代の男性がターゲット

coen社の運営するサイトでは、「COMFOLD」ブランドなどのスタイリッシュな革靴が並ぶ。同社はリアル店舗を持たず、Webで注文を受けたら海外の工場に発注し、製品を直接ユーザーに届けるスタイルをとっている。

扱われているアイテムは、「ちょうどいいデザイン」「質のいいものを普段づかいに」をコンセプトに生み出されていて、仕事でもライベートでも充実した「バランスのよい」ライフスタイルをしたい30代、40代の男性がターゲットの製品だ。

仕事でもプライベートでも履ける「質が良くちょうどいいデザイン」

仕事でもプライベートでも履ける「質が良くちょうどいいデザイン」

シックで落ち着いたテイストの中にも実用性とカジュアルさを兼ね備えた革靴が「COMFOLD」には豊富に取り揃えられている。仕事で取引先に会うのに「ジャケットを羽織って、スニーカーは、ちょっと…。かと言って、重い革靴もちょっと…。」というユーザーの声に応えるべく、仕事でもプライベートでも、履ける「ちょうどいいデザイン。」を目指しているそうだ。

また気になる価格については、オンラインSPA(D2C)モデルを採用することにより、通常の流通であれば、2万円後半程度の商品を、1万円台で販売しているとのこと。非常に手ごろな価格帯を実現している。

[海外工場への直接発注]×[Web特化]が甘い言葉をリアルにする

「品質のいいものを賢く買いたい」「いいものを普段使いしたい」こうしたターゲットとなる層のこだわりの声は高まるばかりだ。一方で、品質と手ごろな価格のマッチというのは、口にすれば甘い言葉だが、実際に実現するのはいくつものハードルがある。coen社の「COMFOLD」は、海外工場への直接発注、Web販売にフォーカスすることで、それを実現することができたのだ。

今後も、同社は 「ちょうどいいデザイン」「質のいいものを普段づかいに」をキーワードに、新しい提案を続けていき、​リテール販売分野の先進とも言える販売モデルをその手に携え、メンズ靴業界でさらなるチャレンジをしていくとしている。

リテール業界の販売手法はリアル店舗、オンラインを統合したオムニチャンネル化が進む一方、ECの持つ本来のアドバンテージに立脚して仕組みとしてのシンプルさを追求するのも有効な方法だろう。なによりユーザーにとって、本当に良いもの、ライフスタイルとバイラルにフィットするものを提供することが大事だ。そこから考えれば、販売手法は手段にすぎない。coen社の今回のニュースは、それを体現しているのかも知れない。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。