SNS上での「探す」をカンタンにするソーシャル募集サービス『bosyu』が登場

ECのミカタ編集部

株式会社Basecamp(東京都渋谷区、代表取締役:坪田 朋)は、TwitterやFacebookのつながりを活用したソーシャル募集サービス「bosyu(ボシュー)」の提供を開始した。

SNS上で「探す」ことに特化

Basecamp社は、デジタルサービスの新規事業立ち上げにおけるチームビルド、サービス設計、UIデザインまでを提供するデザインファームだ。特に新規事業立ち上げ時におけるMVP設計、プロトタイプ開発を得意としている。

同社によって、提供が開始されたソーシャル募集サービスbosyuは、TwitterやFacebookのつながりを活用したソーシャル募集サービスになっている。といってもそれを聞いただけではピンと来ない人もいるかも知れない。

bosyuは。SNS上で探すことに特化しており「求人」や「インターン」「ユーザーインタビュイー」などの募集時、タイトルと本文入力して発行されたURLをTwitterやFacebookに投稿することで手軽に人材などの募集ができるのが特徴だ。

「潜在ユーザー」を見つけ出せる

同社によれば、bosyuには次のような狙いがある。 TwitterやFacebook上に投稿することで「潜在ユーザー」を見つけ出すことができ、無料で気軽に募集要項を次々に掲載可能。 SNSのつながりを活かして募集情報を広く拡散することができ、募集管理者を追加する事により複数人での募集管理が可能になっている。

また、気になったユーザーにSNS上でメッセージを送る事で、応募者とチャット形式で気軽にやり取りでき、応募時にコメント入力、ポートフォリオなどのURLを記載してアピールする事が可能だ。

SNS活用の可能性が広がる

SNSはアーンドメディアという言い方もされるが、抜群の拡散力やリアルでは不可能なコミュニケーション、リレーションの広がりを実現できるのが強みだ。一方で、サービスやプラットフォームの仕様は決まっていて、SNS上で自前のプログラムを走らせるなど独自のサービスを展開するのには大きな制約があるのも事実だ。

今回の同社の新サービスの発表は、まさに今あるSNSの仕様を活用した上で、手軽に人材などの募集ができるもので、ある意味コロンブスの卵とも言えるだろう。今後は、いかに通常と投稿と比べてより対象となるユーザーの目に広く触れさせることができるかなど、さらなるアドバンテージの拡大にも期待したいところだ。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。