量より質へ。Unbot、数少ない日系企業として天猫公式TPを獲得

ECのミカタ編集部

2018年7月17日、株式会社unbot(本社:東京都渋谷区/代表:中町秀慶)が、中国最大級のECプラットフォーム「天猫(Tmall)」の公式TPパートナー認証を取得。

より質の高いサービスの提供を実現する。

あのTik Tokの代理店もつとめるunbot

株式会社unbotは、中国で国内/越境EC店舗運営やソーシャルメディア運営を中心とした、中国WEBマーケティング事業を展開している。

中国国内/越境EC店舗運営の年間取扱高は649億円以上と言われ、中国国内では数少ない日系運営代理店だ。
広告代理サービスにおいては世界で10億人以上が使用するチャットツール「WeChat」を展開するテンセントの公式パートナーであり、大衆点評、TikTokなどの中国大手メディアの正規代理店。

EC支援サービスにおいては天猫(Tmall)の公式TP事業者として、中国EC/WEBマーケティングの専門チームが、中華圏でのWEBマーケティングをサポートしていく。

認証は狭き門?天猫公式TP(Taobao Partner)

阿里巴巴集团(以下、アリババグループ)が運営するECプラットフォーム天猫(Tmall)のオフィシャル「店舗運営代理サービス事業会社」。

豊富な店舗運営の実績をもち、その公式TP認証を取得するには、企業の関係資格証明の審査を通過する必要がある。

天猫公式TP認証取得によるメリット

天猫公式TPを取得している代理店は、天猫の公式TP専用セミナーや勉強会に招待される。

勉強会へ参加することで最新の情報を入手することができるため、さらに質の高い運営サービスをクライアント様に提供することができる。

中国国内/越境EC(B2C)の輸入取扱高は、2016年に2,200億元(約3.5兆円)に達した。取扱高も大きく成長を続ける中、unbotでは、今回の天猫(Tmall)公式TP認証を取得したことにより、より一層、中華圏におけるECサービスのサポートを強化していくことができる。

中国でも質の高さが求められる時代へ

日本はアメリカの、中国は日本の後を追うような時代の流れがあるといわれている。かつては日本も大量のアイテムを安く売る、という風潮があったが、いまは「良いと思ったものには相応の価値を払う時代だ。

中国でも質を求めるようになってきているのだから、EC事業者側も、より質の高い情報を得て、質の高いサービスを提供していく時代が来ていると言っていいだろう。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録