オーダーメイドが贈れる「CHOiCE」のギフト

ECのミカタ編集部

ジャストフィットのワイシャツをプレゼント

以前に弊誌独自取材コーナーでもご紹介した、株式会社Japan IT ソリューションズ運営のオーダーメイドでワイシャツを作れるECサイト「CHOiCE」。

※参考記事
「誰でも気軽にオーダーメイドを ワイシャツ選びは「CHOiCE」で」
http://ecnomikata.com/original_news/detail.php?id=3391

3Dデザインで作れる品質の高いシャツを、4,980円という脅威の価格帯で提供する同サービスが、この度新たにギフトサービスの提供を開始したという。今回、サービス開始から現在までの感触や実際のお客さんの反応、新しいサービスと今後の展望なども含め、広報担当の吉田氏に独占取材を行った。

サービス開始から現在を振り返って

――まず、「CHOiCE」のサービス内容についてもう一度詳しくご説明いただけますか

○インターネットでオーダーシャツを作れるサービスです。大きな特徴として、①3Dデザインによる立体的デザイン、②上質な綿100%の素材、③既成品のブランドシャツのサイズから微調整も可能な簡単採寸、という3点を実現しています。デザインパターンは全部で約14,000パターンほどあるので、サイズだけでなくデザインもご自身のお好みでカスタムできます。

――改めてすごいですよね。そのクオリティで4,980円なんですよね?

○はい。既成品のシャツとほぼ変わらない価格帯で質の高いオーダーシャツを作れるという点が一番のポイントです。

――最近では同内容の競合サービスも出てきていますが、やはり価格帯では絶対負けない自信が?

○価格とクオリティでは常に最大限の努力は惜しみません。弊社としては「誰でも気軽にオーダーメイドを」という理念をコンセプトにしているので、あくまでお客様にとってオーダーシャツを身近に感じる入り口的存在でありたいと考えています。弊社サービスでオーダーシャツに触れていただき、他の価格帯のサービスを利用したくなったらそちらをご利用していただいても構いません。他社様の同内容のサービスは、生地が何百種類と豊富なことが特徴です。弊社は初めてオーダーシャツを購入する方をメインターゲットにしているので、「手頃な値段で簡単にオーダーシャツを作る」という部分をより追求していけたらと考えております。

――なるほど。実際、サービス開始から今まで多くのご注文があったかと思うのですが、その感触などはいかがですか?

○登録会員様の数も順調に増え、売上も伸びています。世代別には全体の40%ほどが20代、30%ほどが30代、残りの30%が40~50代のお客様にご利用いただいております。40代50代の方からご注文を多くいただいておりまして、リピート率も一番高いです。年齢が上がるにつれてシャツにこだわる方が増えてくるのかもしれません。購入枚数については、1回の注文で2枚購入される方が多いです。実は2枚以上の購入で送料が無料になるので、せっかくならと2枚ご購入いただく方が多いのだと思います。
地域別ではほぼ半数のお客様が都内の方ですが、北海道や沖縄など遠方の方からのご利用も目立っています。都心から離れれば離れるほど、オーダーシャツが仕立てられる店舗も少なくなるので、インターネットでオーダーができるというのは地方在住のお客様にとって嬉しいサービスだと思います。

――現状、課題など何か感じてらっしゃる点は?

○課題ではないのですが、想像より返品が少ないことが印象的です。通常アパレルのECでは返品率も一定数あると言われております。弊社サービスの場合、1回限りで無料交換に応じているのですが、数百枚中7~8件ほどしかご申請いただいておりません。初めてオーダーシャツを購入する方でも、クオリティと採寸に十分ご満足いただけている証拠だと思うので自信につながっています。
要望として多く寄せられたご意見は、レコメンド機能の追加が多くありました。オーダーメイドが初めてのため、デザインサンプルが欲しいというご意見や、この生地ならこの襟が合うという組み合わせのヒントが欲しいというご意見をいただいております。また、女性からは、レディースシャツを展開してほしいという声が多いです。ただ、レディースシャツの場合、ボタンの位置や採寸方法がメンズシャツに比べて複雑のため、現状ではまだまだシステムのブラッシュアップが必要と考えております。

――女性客の取り込みも意識していきたいということですか

○女性にも弊社サービスを利用してほしいという想いから、今回新たなサービスとしてギフトカードの発売を開始しました。ギフトカードの裏に付いているコードを入力すると、カードをプレゼントされた方は無料でシャツをデザインし、注文することができます。誕生日やバレンタイン、お世話になった上司への贈り物、または新成人のお祝いなど、幅広い贈り物としてご利用いただけると思います。

ギフトカードデザイン(表)

ギフトカードデザイン(裏)


――ギフトサービスのイチオシポイントなどはございますか

○オーダーシャツを贈れるという特別感です。クリスマスプレゼントに合わせ11月末から開始いたしましたが、ご利用頂いたお客様のほとんどが女性でした。世界に一つだけのシャツは特別感が増すので「恋人にあげたいプレゼント」としてTV番組に取り上げられたこともあります。プレゼント時の送料込み5,000円代という手頃な価格に加え、今なら特別に、今年中にご注文のお客様にはネクタイも無料でプレゼントしております。

――今後目指したい展開などは?

○「CHOiCE」をもっと多くの方に知っていただくための、企業導入企画を考えております。企業様に生地のサンプルなどを添付したカタログを置いていただき、企業様専用IDからご注文いただくと、通常よりもお安く、しかも送料無料で会社もしくはご自宅にお届けするサービスです。

――企業導入の視点はアパレルでは珍しいですね

○現在、オフィスコンビニさんのような食料品の宅配サービスはあるのですが、衣料品での企業導入というのはありません。お仕事が忙しいビジネスマンでも、お昼休みなどの休憩時間に会社でカタログを見ながらシャツを新調していただければと考えております。社員同士で採寸し合えば新たなコミュニケーションも生まれるのではないでしょうか。女性社員の方もご家族や恋人へのプレゼントとしてこのサービスをご利用されると、特別感の増すギフトをお得に購入できるので良いかもしれません。さらに、企業導入の際には、特別に企業様のロゴを刺繍として入れることができるサービスも行う予定です。

――他に目指している展開は?また、同種のサービスはどのように変化していくとお考えですか?

○2015年からはオーダーシャツ以外の商品ラインナップも増やしていきます。まずは、1~2月頃よりネクタイの販売を開始します。このネクタイは、ハイブランドのネクタイと全く同じ素材を使用しています。ロゴがないだけでハイブランドと同じ品質でありながらシャツ同様リーズナブルな価格で提供しますので、シャツをオーダーするついでに是非試していただきたいです。
さらに、3月にはオーダーメイドのカジュアルシャツ、そして4月にはオーダースーツの販売も開始する予定です。シャツからネクタイからスーツ、と、男性のビジネスファッションを総合的に支えるサービスを目指しています。

また、今後同種のサービスが登場するにあたって、生地や襟、袖の種類といったデザイン面ではサービスが出し尽くされていくと思います。そのような中で、これからは使いやすさや採寸方法等の付随するサービスが発達していくのではないでしょうか。全てのECに共通することかもしれませんが、物だけでなく、ホスピタリティも含めた「付加価値」が重要になってくるのではと思っています。
アパレルだけの視点で見れば、最近はファストファッションからクオリティ重視へとシフトしている印象を受けます。その流れの中で、今まではお金持ちの人が楽しむものという印象が強かったオーダーメイドという文化が、誰でも気軽に楽しめるより身近なものへと盛り上がっていってほしいですね。


・「CHOiCE」HP : http://ct-choice.com/



取材/文:島名タスク


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事