【韓国越境EC事情】アパレルブランドのグローバル展開を支援「ツーネーション」

CAFE24 JAPAN [PR]

韓国のECサイトは、越境ECに積極的な動きを見せていて、現地向けカスタムサービスの提供を受けることにより、日本のユーザーからも関心が高まっています。このコラムでは、ECプラットフォーム「cafe24」を通じて、越境ECに取り組むヒットショップとその理由について、ご紹介します。

今回は、デザイナーたちが立ち上げたブランドをセレクトしたECサイトを通じて、日本を含む世界市場に向けて競争力のあるブランド発掘に取り組む企業「ツーネーション」を紹介します。

「ツーネーション」を運営する金・ドクヒョンCEOは、韓国で注目されるデザイナーのアパレルブランドの商品を日本市場に販売する事業を展開しています。

「日本で生活しながら、ドラマや映画で見た韓国料理を食べたり、有名俳優の写真集などを買うため、新大久保を訪れる日本人をよく見ました。彼らにより街に活気があふれるシーンは非常に印象に残る体験でした。」(金CEO)

金CEOは、日本での経験をきっかけに事業アイテムを考えたところ、憧れの芸能人のマネをするニーズが多い日本人の特徴に着目しました。それで、K-POPアイドルなどが着用したアパレル商品販売に取り組むため、彼は7年間の日本生活を終えて2015年「ツーネーション」を設立しました。

ツーネーションが、初めて提携を組み、日本向け販売に取り組んだブランドは「アキクラシック(http://www.akiii.jp/)」でした。金CEOは、日本向け営業権獲得の代わりに、アキクラシックの全品を仕入れることを思い切って決めたといいます。

「在庫負担のリスクより、ビジネスを円滑に進むため、果敢に全品を仕入れすることを決めました。むしろ在庫確保していることによって、注文受付の際、迅速な配送はもちろん収益性向上にも繋がることもあります。また、メーカとの信頼関係がさらに深まるなどメリットも多いと思います。」(金CEO)

セレクトショップで競争力のあるブランド発掘

グローバル向けブランド発掘にECサイトを積極に活用している

日本に向けて初めて販売に取り組んだアキクラシックの反響はとてもありました。「K-POPアイドル」が履いた靴という口コミが広がったことや、スタイリッシュなデザインや背が高く見える中敷も人気の要因だそうです。注文量が多い時期は、1か月で億ウォン単位(千万円単位)を越えるなど特に若年層から支持を得ていると言います。

アキクラシックの反響を皮切りに、金CEOはグローバルECプラットフォーム「cafe24」を使用しセレクトショップのECサイト「コラボネーション(http://collabonation.jp/)」も開業しました。より多くのブランドを日本に紹介するとともに、成長の可能性が高いブランドの選別や海外市場における競争力チェックの狙いもありました。

日本で話題になれるのか、マーケティングに活用できるコンテンツをもっているのかなどがブランド選別の基準だそうです。特に、ツーネーションは日本人社員4人を通じて、日本社会における話題やトレンドなどの情報を迅速にキャッチすることで競争力向上にも取り組んでいます。

「弊社は、韓国ブランドの成長可能性を高く評価しています。特に、日本の若年層が好む様々なアパレルブランドを保有している点も強みです。今後も、多彩なブランドが国内に留まらず、海外でも活躍できる架け橋役を果たしていきます。」(金CEO)

[ツーネーション金CEOとの一問一答]

2015年からツーネーションを率いている 金・ドクヒョンCEO

--越境EC事業のきっかけと日本市場に参入した理由は?

東京で長年留学生活をしながら、日本人が韓国料理だけでなく、K-POPやアイドル、ファッションへの関心も高いことに注目しました。帰国後にも、継続的に日本との関係を維持したい気持ちもあり、事業アイテムを探しつづけました。その際、日本で韓国芸能人の人気が高く、ファン層も非常に活性化されていることが分かりました。また、コンサートやメディアなどで目にするアイドルなどが着用したファッションアイテムへの関心も高かったので、日本に向けて韓国アパレルアイテムを販売しようと決めました。

--日本市場における販促施策について

アイドル着用ブランドや商品情報を定期的に更新している

弊社は、日韓の顧客を満足させるため、良質のアパレルアイテムやコンテンツ提供に力を入れています。特に、メディアやSNS上で彼らが着用したブランドを購入しようとする日本消費者に向け、様々なブランド紹介に力を入れています。

また、韓国と同じ価格帯で、日本顧客にも提供していて、他の日本のECサイトと同様に手軽に購入できる仕組み構築にも取り組んでいます。

--今後の事業計画を教えてください。

セレクトショップの「COLLABONATION」は、「COLLABORATION」と「NATION」の合成語で、日韓のコンテンツやファッションをコラボレーションするとの意味です。現在は、韓国ブランドだけを取り扱っていますが、今後は、日本の多彩なブランドを韓国市場にも提供する計画を立てています。

ECのミカタ編集部の見解

金・ドクヒョンCEOは「憧れの芸能人のマネをするニーズが多い日本人の特徴に着目した」と話していますが、机上の理論ではなく、日本留学の際に目にした、リアルな体験が鮮やかにビジネスに反映されています。

ただ売れているから販売するのではなく、その売れたきっかけに注目したことがツーネーション社成功の要因とも言えるでしょう。

思えば、日本国内で韓流ブームが巻き起こったのは、ドラマ「冬のソナタ」が日本で放送された2003年頃。それから15年近く経った今は、SNSやYouTubeを通じて韓国発のアーティストやコスメ、グルメなどの新しいモノが日本へ届き、トレンドを作り上げています。

こうした情報を得る場としては、やはりブログやSNSなどが活用されています。日本ではそうした情報を集めたキュレーションメディアや女子向けメディアも盛り上がっているため、韓国のトレンドを真っ先に、そして多くの情報をキャッチできる場として「コラボネーション」へのニーズも大きいのではないでしょうか。

著者

CAFE24 JAPAN

グローバルECプラットフォームを通じて無料で開業できる多言語ネットショップ、無料デザインテンプレート、
商品登録数無制限など、様々なサービスを提供し海外進出をお考えの顧客をサポートしています。

cafe24サービスサイト
https://cafe24.co.jp/

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録