ミレニアル世代女性に聞いた!動画視聴のいま

ECのミカタ編集部

株式会社テスティー(本社:東京都中央区/代表:横江優希)は、ミレニアル世代と呼ばれる10~30代の女性を対象に、動画視聴に関する調査を実施。
そこからECの販路拡大のチャンスを探る。

≪調査概要≫
調査機関:2018年6月29日
調査対象:10~30代の女性924人。テスティーモニター会員
※アプリリサーチのTesTee(テスティー)調べ

10代女性の8割がスマホで動画視聴

ミレニアル世代の女性が、テレビや動画を見ている媒体についてアンケートをとったところ、第一位は見事に「スマートフォン」だった。10代女性の80.8%、20代女性の73.7%がテレビや動画をスマートフォンで見ていると回答した。

子供時代をテレビ中心で育った30代においては、76%でテレビが一位。10代・20代でテレビを使っているのは約6割にとどまった。

Instagramの利用にも違いがある

1日に複数回Instagramにアクセスするユーザーは、ミレニアル世代全体の約7割。年齢にかかわらず多くの女性がInstagramを投稿なり視聴なりに活用していることがわかった。

Instagramの動画を編集し、24時間限定で投稿できる機能「ストーリーズ」については、年齢が上がるにつれて利用頻度は下がる傾向に。

動画への関心は10代・20代が高いようだ。

IGTVはまだ認知度が低い

日本では6月21日より新機能「IGTV」ダウンロードが始動したが、認知度が低く現在の利用は全体の1割程度にとどまっている。「知らない」との回答が全体の5割にもなることを考えると、新機能の周知方法にも工夫が必要となりそうである。

対して、海外ではすでに対応している「ストーリーズ」にBGMをつけられる機能は。10代女性の53.3%が使ってみたいと回答。手軽に自分で動画を生み出せる機能が、今後動画投稿をますます普及させていくことになるだろう。

動画が販路を広げるカギ

ECからの購買が当たり前となっているミレニアル世代にアプローチするには、動画コンテンツの充実がカギを握ることは間違いない。今後は自分でオリジナルの動画を創ることができるフィールドも充実し、ライブコマースのように視聴者が広告となってECサイトへの流入を増やしていく未来もあるだろう。 

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録