ソウルドアウトがヤフーとの業務提携を継続 中小・ベンチャー企業のビジネス支援をさらに加速

ECのミカタ編集部

地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で展開するソウルドアウト株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:荻原猛、以下「ソウルドアウト」)は、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:川邊健太郎、以下「ヤフー」)との業務提携を継続していくことを公表した。

中小・ベンチャーの成長に寄り添う

ソウルドアウトグループは、地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で事業を展開している。全国21営業所を中心に、対面営業を重視する地域密着型で、地方中小企業の課題やその独自性を理解し、それぞれにマッチしたソリューションを提供。

Webを活用した事業のスタートアップからWebを活用する既存事業のアクセラレートまで、顧客の成長ステージに合わせた提案によって顧客企業の潜在能力を引き出し、それぞれの企業が自律自走できるまで寄り添いつつサポートを実施している。

ヤフーとの提携を継続

そのソウルドアウト社とヤフーは、2016年1月より業務提携を通じて、日本全国の中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティング支援を展開し、SMB市場の活性化とあわせて多くの中小・ベンチャー企業の成長を加速させるために寄与してきた。

スマートフォンの普及とともにデジタルマーケティングの可能性は日々増大している。そうした市場動向を前に今回、日本全国のSMB市場のデジタルマーケティング支援をさらに積極的に展開していくために、両社は業務提携を引き続き継続することになった。

提携継続によりビジネス支援をさらに加速

ソウルドアウトグループは、ヤフーとの協業を通じて、日本全国の中小・ベンチャー企業へのマーケティング支援、テクノロジー支援、人材育成支援をさらに高めて行くとしている。

拡大するEC市場とスマートフォンをはじめとするパーソナルな通信機器が浸透する昨今、ビジネスを取り巻く環境は劇的に変化している。そうした中で中小・ベンチャー企業にフォーカスしてビジネスの発展を強力に支援してきたソウルドアウトは、ヤフーとの業務提携の継続を通して、さらにその価値を高めていくことになりそうだ。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事