物流を最適化する『リピロジ』が テクノロジーで流通にイノベーションを起こす

ECのミカタ編集部 [PR]

スタークス株式会社 物流コンサルティング事業部 事業部長 景利翔氏 スタークス株式会社 物流コンサルティング事業部 事業部長 景利翔氏
スタークス株式会社に入社し、約500社以上の通販 企業様をご支援。 セミナー講師としても150回以上 登壇。 多くのお客様の売上向上支援に従事し、半 期MVPを最多の4回受賞。 2015年物流事業に参入 し、物流現場改善・営業・運用・サポートを通じ物 流事業の全てに携わる。 リピロジの責任者として 活動している。

再配達問題やドライバー不足など、深刻さを増す一方の物流。しかしテクノロジーを駆使することで、コストを抑えるのはもちろん、ショップ・エンドユーザー・配送業者の三方が喜ぶ仕組みが作れるという。「システム化しなくては物が送れない時代が来る」と話す、スタークス株式会社 物流コンサルティング事業部 事業部長 景利翔氏に聞いた。

アナログな物流業界を テクノロジーで最適化!

今の物流は、配送・3PLともに労働集約型です。それが昨今の物流問題が起きている原因の1つとなっています。

人の労働に頼れば、マネジメントや成果の管理が必要になり、人件費がかかります。その問題を解決するための手段として、テクノロジー=システムが絶対に必要なのです。

これまでの物流業界にシステムの力を吹き込んだ『リピロジ』なら、商品の発送に必要な指示を事前にリピロジに登録してさえおけば、通販企業様が望む形で出荷されるのです。倉庫作業にもシステムの力を駆使しているので、オペレーションコストを削減したり、業務が最適化されたりすることで、効率化や生産性の向上が図れます。

またシステムを使うことによって、データを管理し活用することも可能です。倉庫内での1人当たりの生産性や、帳票出力にかかった時間、どう人が移動しているのか、どのように商品が保管されているのか。そういったデータはシステムで可視化することができます。

しかし、ここを人の頭で行っているのが物流会社の現状です。人の脳ミソには限界がある。だから効率が落ち、昨今のような問題が発生したり、現場のミスにもつながったりしているのです。

理想を追求して開発した 深くて強いシステム

リピロジのシステム開発にはかなり投資をしていますが、業界内の有名なWMSは参考にしていません。これまで通販企業様のお声を聞き続けてきた私達は「倉庫はこうあってほしいよね、こういうオペレーションをするべきだよね」という理想を追い求め、現場と何度もディスカッションをし、細かくPDCAを回しながら開発しました。その結果、通販企業も倉庫も使いやすい、深くて強いシステムになったと自負しています。

ここからは機能の話になりますが、『リピロジ』では配送会社の配送状況を把握できるようになっています。不在による持ち戻りが起きた際、配送会社からの不在のFAXを待たずに、通販企業様がすぐエンドユーザーにアクションを起こせるので、スピードをもって対応できるのです。

また、同梱物もシステムで組み込めます。これまでは同梱物のPDCAを早く回したくても、倉庫によっ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。