「豌豆公主(ワンドウ)」にて「ミキモト コスメティックス」の商品販売を開始。広がる日本の商品と技術革新

ECのミカタ編集部

 中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、コスメブランド「ミキモト コスメティックス」を運営する御木本製薬株式会社(三重県伊勢市 以下「ミキモト コスメティックス」)と出店契約を締結し、2017年7月31日(月) より、『豌豆公主(ワンドウ)』にて商品販売を開始と発表した。

 『豌豆公主(ワンドウ)』は中国ユーザー向けショッピングアプリで唯一の日本商品特化型サービスだ。日本企業は初期費用・固定費が無料で出店ができることから、中国で既に人気の商品からまだ中国ユーザーの認知度が低い商品まで約27,500商品(2017年6月現在)もの多岐にわたる品揃えを実現しており、人気の要因の1つとなっている。

 そこに今回進出を決めたのが「ミキモト コスメティックス」だ。日本の美容化粧品は世界的に見ても高いレベルであることは既知であるかと思われるが、そのハイクオリティな商品が中国市場にリリースされることが決まった。『

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/15358/