EC市場で生き残り成長するための物流とノウハウを提供 継続率96%!株式会社清長の『ロジプレミアム』とは?

野中 真規子 [PR]

株式会社清長 物流事業本部 第1事業部 次長 日朝 健一氏

変わり続けるEC市場において、生き残り成長を続けるには、企業側も商品や売り方などを変化させていく必要がある。そして物流もそこに臨機応変に対応する力が求められる。
株式会社清長では、1社1社の商品情報や商流の特性、事業規模などに応じて最適な物流システムをカスタマイズする『ロジプレミアム』を提供。継続率96パーセントの実績があり、長く続けた企業ほど売り上げを伸ばしているというから、年末商戦前に倉庫を検討しているEC企業はぜひ注目したい。9月18日に開催のセミナー・倉庫見学会に先駆けて、同社の物流事業本部 第1事業部 次長 日朝 健一氏に詳しいお話を伺った。

時代に合わせてビジネスを変える企業が生き残り、成長していく

「ECが国内に普及し始めた14年ほど前は、それまでネットで取り扱われなかったものを売るだけでヒットする、いわゆる先行者利益が得られた状況がありました。たとえばそれまで流通していなかったメロンや、“わけあり”のお菓子などが爆発的に売れ、その状態が3年、5年続くこともあったのです。

しかし弊社が物流サポートとしてECに10年以上関わってきた中で、その状況は大きく変わり、いまやEC企業が継続するためには商材や売り方、商流など根本的なビジネスモデルを変えていかなければいけない、とても厳しい時代に入ってきています。

これまでさまざまなEC企業をみてきましたが、事業規模が小から中、中から大へと成長していくタイミングで、過去の勝ちパターンにこだわらず、今の時代に合うビジネスに変化していける企業のみが生き残っている印象です」。

商品や売り方、業態に応じて物流システムを提供

『ロジプレミアム』はそういう時代に合わせて生き残り、成長していくための物流サービスだ。

「EC企業がビジネスモデルを変化させるにあたっては、物流システムもフレキシブルに変えていく必要があります。たとえば商材を変える、在庫を持たず予約受注にするなど売り方を変える、売り先をECだけでなく卸しもする、オリジナル商品やOEMを作る、などの変化に応じて求められる物流も当然変わってくるからです。

弊社は現在、約80社以上の企業の物流サポートを行う中で、80通り以上の物流パターンを構築・運営してきました。ですから1社1社の商品や商流の特性、事業規模などに応じて最適な物流システムをカスタマイズすることができ、さらにクライアントのビジネスの変化に応じた新しい物流のご提案をすることも可能です。

BtoCのEC物流にこだわらず、卸しなどのBtoB企業もサポートしておりますので、『現在はEC企業だが将来卸しをやりたい』『今は卸し企業だが一部BtoCもやっていきたい』など、マルチチャネルの物流にも対応できます。

変化のつど物流会社を買えることは大きなリスクですが、弊社の『ロジプレミアム』でしたらビジネスモデルが変化する場合も臨機応変に対応できますので、安心して長くお任せいただけると思います」。

コア業務に専念するために、組織変更で『攻めの体制』をつくる

自社で物流業務をし、忙しく追われているEC企業もいまだに多くある。

「しかしEC企業の本来の目的は、『よい商品を広めたい』『世の中をよりよく変えたい』といったものであるはずです。そのために重要な業務は、マーケティングや商品開発、経営管理、発信などであり、決して物流業務のために会社を起こしたわけではありませんよね。

より成長したいと考えるなら、物流などのバックヤードはアウトソーシングしながら、本来の仕事ができる『攻めの体制』をつくっていくことが大切だと思います。

ですから弊社ではクライアントがより成長されていくために、物流システムだけでなく組織から変えるご提案をすることもあります。実際に、物流を弊社にお任せいただいてから、担当者が本来の業務に集中できるようになり、めざましく売り上げが伸びた企業も少なくありません。

物流をアウトソースするにあたって、出荷のために社員を雇用している場合も、解雇する必要はありません。担当者は日々の出荷作業でどんな商品が売れているかを実によく把握しているものです。数字をメインに見ている経営者よりも商品知識が高いことも少なくありません。

弊社では80社以上のケースを見てきた中で、より売上を伸ばすためにどんな人材が営業に出れば効果が上がりそうかなども見極めながら、人員配置をご提案することもあります。ドラスティックな内容ですから抵抗のある企業もおられますが、そこに共感し実践してくださるクライアントは顕著に売上が上がってきています」。

事例多数公開!9月18日開催セミナーの詳細はこちら

企業の成長に応じて、オリジナル商品制作や発信など施策の提案も

清長では企業が成長に応じて目指していくべき、オリジナル商品の制作や発信、CRMなどについて、豊富な知見からアドバイスを行うこともあるという。

「実際、クライアントであるヨガマットの販売会社様はオリジナル商品を作り、メディアに発信する取り組みを続けて売上を伸ばし、念願だったリアル店舗を持つことになりました。

オリジナル商品の制作・販売は、物流をアウトソースしなければ実現できません。たとえば海外で制作して入ってきた商品の在庫管理の仕方にはコツがいりますし、卸しや店舗に納めるためにそれぞれの物流ラインを作る必要があるからです。清長はそこにも対応できますので、安心して新たな施策に挑戦していただけます。

また別のクライアントである健康器具の販売会社様は、以前は一人一人のお客様にお手紙を添えるCRMを行っていましたが、出荷時間がかかるわりに売上が伸びないことにお悩みでした。そこで弊社がリサーチをご提案したところ、お客様のニーズがあまりないことが判明し、簡易的な梱包に変えると月に2〜3000件ほど出荷が伸びました。逆にこうしたCRMに関してお客様のニーズが高い企業の場合は、ダンボールに印字する、納品書の裏に記事を入れるなどの施策をご提案することもあります。

単に物流CRMに対応するならどの物流会社でもできますが、弊社は1社1社の現状やニーズをヒアリングして最適な方法をご提案し、それに対して最適な方法をご提案します。しかも1度だけでなく、ビジネスの変化のタイミングでさまざまなご提案ができることは『ロジプレミアム』ならではの強みです」。

ECプロの物流現場とノウハウを公開するセミナー・見学会を開催!

『ロジプレミアム』のクライアントは継続率96パーセントと驚くほど高く、長く続けるほど売上が伸びているという。

「EC企業は成長戦略といえば越境ECなど飛び抜けたことに注目しがちですが、着実に売上を伸ばすためには、簡単に始められて自走できる方法を探るべきです。弊社は物流システムと合わせて、そうしたノウハウや事例もご紹介しています。

とくに今年の年末は、平常月の車両台数しか出せないと今から宣言している宅配業社も多く、早めに物流倉庫を決めておかないと出荷が破綻してしまう恐れもあります。

年末商戦に向けて、物流を検討したいとお考えの企業様は、ぜひ弊社をご検討ください。9月18日には『ロジプレミアム』のセミナーと倉庫見学会を行い、今回お話ししたほかにもたくさんの事例をお話しできますし、ご質問も受け付けます。またすぐにはアウトソーシングされない予定の企業様でも、自社出荷に役立つような情報が得られると思いますので、お気軽にお越しいただければ幸いです」。

繁忙期をトラブルなく乗り越えるために、物流のアウトソース先を決めるなら今がラストチャンス。物流に何らかの課題を感じているなら、プロの現場が見られる貴重なこの機会をぜひお見逃しなく。

【セミナー概要】
年末商戦に向けての本気の物流対策!物流で売上アップの成功事例


日時:2019年9月18日(水)AM10:00-14:30
会場:31VENTURES KOIL(柏の葉キャンパス)
住所:千葉県柏市若柴178-4
柏の葉キャンパス148街区2 ショップ&オフィス棟 6階

セミナーのお申し込みはこちら


記者プロフィール

野中 真規子

「整理して、好循環させる」をモットーとし、ライターのほか、整理収納、運勢学、風水、コーチングの実践・セミナー講師などでも活動中。著書(電子書籍)『片付けられない、という「思い込み」をなくして、今すぐ片付けるための本』(ハウスキーピング協会)が好評発売中。
ECのミカタにおいては、ECサービスのお話から伝わる本質的なメッセージを受け取り、拡散することが歓びです。

野中 真規子 の執筆記事